穴馬 予想

競馬予想 CBC賞 有料メルマガサンプル

更新日:

期間限定で新規の方、2ヶ月お申し込みで3ヶ月お届け。詳しくはこのページの一番下で。
配信では競馬予想にくわえ重賞データがつきます。重賞データのサンプルはコチラ(ブログでは一部のレースのみ公開)

[各馬の考察]
マイネルアルビオン・・・芝1200mで5勝。前々走の時計は優秀。
アドマイヤホクト・・・肩の角度や筋肉のつき方をみると純然たるスプリンターといった感じ。1400m以下で底を見せておらず、1200mで2勝、2歳時に1分8秒フラットという時計で走っている事からも太目さえなければ好勝負は可能で、今年のメンバーであれば、蹄や父サクラバクシンオーという部分から相手よりも馬場との戦いになるという印象。
スピニングノアール・・・1200mに実績が集中しているが、1600m位であればこなしそうな馬体。パワーのいるコースの方がむく。シルクロードSは太目、オーシャンSは先行有利の馬場、高松宮記念は重馬場と敗因がハッキリしており、今回出来も申し分ない。芝1200mで5勝、1分7秒台の時計もあり、パワーのいる馬場であれば前走敗れたペールギュントを逆転する可能性は高い。血統も魅力で鞍上の腕に期待したい。しかし内枠にくわえ、この雨はかなりのマイナス。
フサイチリシャール・・・ベストは持続力とパワーの生かせる内回りで坂のあるコース。馬体からはこのレースで結果を残した馬との類似点もみられ、適性はまずまずといえる。太めもなく力を出せる状態にある。
ブラックバースピン・・・能力は高く、前々走3走前と不利があり、前走は休み明け。跳びの大きい馬で中京のコースがどうかという部分はあるが、一発の可能性を秘めている。
アグネスラズベリ・・・ベストはやはり京都の1400m。毛ヅヤもよく、状態はいい。キレで勝負するタイプでこのレースの適性には疑問の残るところ。
ゴールデンキャスト・・・1200mで6勝も、今回休み明けでしかも左回りは走らない。
ヴリル・・・1200mで未勝利は厳しく。サンデー産駒という部分もマイナス。前走の時計は優秀。
ペールギュント・・・今回この馬の評価が1番難しい。状態に関しては問題ないが、サンデー系の馬がこのレースで全く結果を残していないという点が引っかかる。高松宮記念の激走も時計がかかる馬場に助けられたもの。ベストは平坦で直線の長いコースのマイル。
ナカヤマパラダイス・・・勢いは無視できない。
[推奨馬]
左から1着、2着、3着、4着以下のイメージ。
◎ アドマイヤホクト 20%20%25%35%
○ ペールギュント 25%20%10%45%
▲ スピニングノアール 25%15%10%50%
△ フサイチリシャール 20%15%15%50%
△ ナカヤマパラダイス 10%10%10%70%
△ タガノバスティーユ 5%10%10%75%
△ マイネルアルビオン 5%10%15%70%
☆ ブラックバースピン 10%10%10%70%

 

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.