穴馬 予想

競馬予想 CBC賞 エプソムカップ 直前情報

更新日:

[エプソムカップ]
このレースのここ10年の結果をみてみると最も印象に残ったのが、連対馬20頭中サンデー系の馬が1頭しかいなかったことである。重馬場の年が5年あったことが影響している可能性もあるが、10番より外の枠の馬が良積を残している点からも、馬場が荒れ、パワーが求められるという面があるだろう。
デアリングハートはそういう面からも、蹄や実績から重馬場が疑問で、人気を裏切る可能性がある。
パドックではサイレントプライドとブライトトゥモロー、特にブライトトゥモローの出来に好感が持てる。
[CBC賞]
開催時期が昨年から変更されてデータ的には微妙な部分もあるが、先週の中京1200mの結果をみるとやはり馬場が悪くなってきているため、未勝利のレースを除けば差し馬の活躍が目立つ。そして10番より外の枠の馬もきている。
このレースの過去10年でサンデー系は1頭も連対しておらず、人気を裏切るケースもある。過去10年の勝ち馬の過去の成績をみるとキャリアの短かった2003年のシーイズトウショウや2005年のシンボリグランを除けば、最低でも1200mで2勝以上しており、軸馬には3勝から4勝欲しい。そしてほとんどの馬が1分7秒台の時計をもっている。ただ今年は馬場が悪いため、純粋なスプリンターでなくとも勝負になり、サンデー産駒がジンクスを打破する事も考えられる。
パドックではアドマイヤホクトが若干太く見え、ミスティックエイジの状態がよさそうに見える。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.