穴馬 予想

競馬予想 安田記念 今後くる馬こない馬

更新日:

※ 有料メルマガのサンプルです。
期間限定で新規の方、2ヶ月お申し込みで3ヶ月お届け。詳しくはこのページの一番下で。

今回の安田記念は、○ダイワメジャー◎コンゴウリキシオーで決着。サンデーサイレンス産駒の中では、距離延長に耐えるスタミナをもち、持続力型のダイワメジャーを最上位にとり、瞬発力型で能力的にも、前走のレースレベルからも危険な人気馬と警鐘を鳴らしたスズカフェニックスが馬券に絡まず、そして馬場が速い事から、外国馬の台頭の可能性が低いとお伝えしたとおりの結末に終わり、結果だけでなく、ほぼ考察したとおりの結果に終わった。(詳しくは、今週だけ特別にで公開しましたのでバックナンバーをご覧ください。)
ダイワメジャーに勝ちきるイメージが湧かないとお伝えした点だけが、唯一の誤算。短距離馬が活躍できる期間が短い事と海外遠征帰りの調整の難しさがあると考えたが、パドックでも出来はよかった。
そして前にコンゴウリキシオー、後ろにスズカフェニックスがいることによる、仕掛けの難しさからもそのように感じたのだが、有料メルマガの[騎手]の項でお伝えしたとおり、東京1600mでトップの成績を誇る安藤勝己騎手が騎乗である事を考えれば、杞憂であったといえる。
この3頭はマイルCSで再戦する可能性も高いが、その時はこの順位が入れ替わる可能性が高い。それについてはまたお伝えしたい。
その前にダイワメジャーは宝塚記念でメイショウサムソン、カワカミプリンセス、アドマイヤムーンとの対決が控えている。それも大変楽しみである。
3着に入ったジョリーダンスだが、位置取りもよく、当ブログの「安田記念 直前情報」でダンスインザダーク産駒が土曜日曜と結果を残しているとお伝えしていたが、馬場の面でもこの馬に合う状態になっていたのだろう。今後もマイルで面白い1頭。
次回狙ってみたい1頭がエアシェイディ。能力的にはスズカフェニックスと遜色なく、前走は大幅な馬体重減。今回もスタートがいまひとつで、それが最大の敗因といえ、ともに参考外といえる。人気が落ちていれば勝負してみるのも面白いだろう。
個人的な馬券はパドックで張りを取り戻していたコンゴウリキシオーを中心に勝負。しかしテンションの高さを考えれば、まさに“心中”と呼ぶのにふさわしかった。これにダイワメジャーを相手の中心に勝負。長かったトンネル、ドツボスパイラルを抜けたのだろうか。今回の最大の勝因は、雨が降らなかった事と重い印をうった馬がイレコまず、故障しなかった事かもしれない(笑)

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.