穴馬 予想

競馬予想 天皇賞(春) 有料メルマガ サンプル

更新日:

 

本命はネヴァブション。菊花賞では人気薄であったが本命に推した。レースでは不利があったようで、大敗は気にしなくてもいいだろう。それを除けば底をみせておらず、胸前の張りなど状態は引き続きよさそう。潜在能力は高く後肢に力強さが出てくれば更なる飛躍も考えられる。
問題は騎手。北村騎手は長距離での実績が殆どなく、京都での騎乗経験も乏しいため大きな懸念材料で危険をはらんでおり、馬場状態を考えると先手を取れる内枠の方が望ましかった。しかし日経賞のレベルや今の勢い、潜在能力を考えてこの馬を優勝候補最右翼に推したい。
対抗はアイポッパー。状態はいい意味で平行線。重賞を連勝して一皮向けた印象だが、もともと力のある馬。3着に敗れた一昨年の天皇賞(春)は良馬場であったがレース前に降り始めた雨に泣かされた部分があり、それがなければ勝っていた可能性もある。
安藤騎手は近年2400m以上の距離のレースで勝率が20%近い。それにくわえてこの馬の長距離での競馬のセンスは、良馬場での3000m以上の距離のレースの戦績が表すとおり、本命に推したネヴァブションよりも安定感があり、上がり3ハロン33.1の時計も持っていることからも、軸にするならこちらの方がむく。雨は鬼門で馬場が渋れば大幅な割引が必要。
メイショウサムソンの出来は上昇しており、昨秋よりも力は出せるだろう。しかしこの馬の本質は中距離にあり、キレよりもパワーで勝負するタイプ。高速馬場も疑問であるだけに1番人気になるとしたら過大評価といえる。とはいえ最速33.8の上がりをもっている事や今年のメンバー構成などを考えると、3番手評価が妥当。
トウショウナイトは4番手評価。前走の日経賞で優勝したネヴァブションとの2キロ差の斤量で1/2馬身という着差や、適性のある広いコースに変わること、距離延長などを考えるとここでも有望。もう少し馬体に張りがほしいが、冬場にみられた太めもなさそう。調教ではこの馬に最も勢いを感じ、状態も申し分ない。鞍上の武士沢騎手は地味な存在だが、長距離での成績は悪くなく、むしろ距離が長いレースの方が成績はいいよう。この馬の6勝は全てこの鞍上によるもので手の内に入れている。
下記の3頭は抑え評価。
デルタブルースはパワー型で、メルボルンCでの好走はオーストラリアの力のいる馬場であったためだろう。余談であるが欧州へ積極的に遠征をすれば、結果を残す事は可能に思う。
毛ヅヤがよくなっており、元来がひとたたきされてよくなる馬で、広い京都のコースに変わることもプラス。しかし上記した馬場の問題から抑えの域を出ない。
トウカイトリックの前走阪神大賞典は、もう少し積極的な競馬をしていれば結果も変わっていただろう。しかし前走の34.0という上がりは魅力。前走の方が胸前などに張りはあるが、悪くはない出来。
マツリダゴッホはやはりこの距離は長く、上がり3ハロンが常に35秒台であるように馬体からもキレより持続力で勝負するタイプ。中距離馬としての資質は現役ではトップクラスで、ペースが遅くなった時に浮上してくる。出来も張りがあり出走馬で最もいい状態のために抑えることは必要。
穴馬としてはユメノシルシが怖い存在。高速馬場やペースが遅くなる事が考えられ、皮膚の薄さなど状態もよく、調教も悪くない。枠も内に入って警戒が必要。
イメージとしてはイングランディーレよりもビッグゴールドとかぶる。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.