穴馬 予想

競馬予想 青葉賞 今後くる馬こない馬

更新日:

青葉賞は期待していたヒラボクロイヤルが快勝。ダービーでもある程度の印が必要であると感じた。時計をみても雨が降りながら、ゼンノロブロイやシンボリクリスエスと同じ水準で楽しみな馬。はやく馬体をみてみたい。オーシャンエイプスとメイショウレガーロは距離を危惧したが、やはり危険な人気馬だったよう。両馬とも肩の角度や胴の長さから1800m2000m位がよさそう。
レース前から放馬があったり、突然の雨があったりと不穏な空気に包まれていたが、ナタラージャの競争中止は残念。どうやら予後不良となったようで嫌な意味で人々の記憶に残るレースになってしまった。ただただ冥福を祈るばかり。これも競馬といえばそれまでだが、いかにダービーへの道のりが険しいものであるかを痛感させられた。今日の事を忘れずにダービー当日はレースを観戦すれば、特別な緊張感と新鮮な感動を覚えるかもしれない。
そしてこの事故と無関係ではないのが、京都の馬場状態。土曜日のメインレース朱雀Sの1分32秒3は、昨年10月の渡月橋Sでホッコーソレソレーが出したものと並んで、この1年で最も速い時計。有料メルマガではこの馬場の問題や各馬の高速馬場の適性についても言及しているが、やはり先週に続いて馬場は速いようで、その辺りをより重要視した方がよさそう。そしてこの高速馬場による故障が発生せず、全ての馬が無事にレースを終えてくれることを願う。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.