穴馬 予想

競馬予想 天皇賞(春) ネヴァブション マツリダゴッホ

更新日:

ネヴァブションは菊花賞で重い印をうった馬。白富士Sでは距離とそしてキレのあるタイプではないので東京のコースが微妙だった。しかしパドックでは風格さえ感じさせ、あっさり勝利。天皇賞(春)でもかなり有力な存在になるだろう。
マツリダゴッホはAJC杯で、距離コースがベストで出来も走れる状態にあったので軸馬に推した。レースでは想像以上に強かった。しかし天皇賞(春)の3200mという距離は基本的に歓迎ではないように思う。前走の日経賞だが中山の2500mならごまかしがきき、中山は得意なコースであるため好走は可能のように思ったのだが、距離に不安のある馬で4コーナー手前からの仕掛けはちょっと強引過ぎた。このレースで実績のあるジョッキーだっただけに残念。首の使い方が下手な馬で、シャドーロールをつけているのはそれを解消するための措置なのだろう。馬体に加えてこのあたりからも、距離延長に対する不安を読み取る事ができ、軸にするのは危険すぎる。週末は晴れの予報であるが、近親のナリタトップロードもそうであったが、蹄など重馬場を苦にする可能性もある。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.