穴馬 予想

競馬予想 天皇賞(春) 展望と考察

更新日:

天皇賞(春)は混戦ムード。ドリームパスポートは前走阪神大賞典では引っかかりながらも2着と結果を残し、昨秋に比べ馬体も成長して京都に舞台が変わることは好材料で天皇賞(春)でも期待できただけに離脱は非常に残念。
そのドリームパスポートが回避した事でさらに混戦ムードに拍車がかかり、メイショウサムソンやアイポッパー、デルタブルース、ネヴァブション、トウカイトリック、マツリダゴッホ、トウショウナイトなど、優勝候補は枚挙に暇がない。
2005年に13番人気スズカマンボ、14番人気ビッグゴールドが激走した時も1番人気の馬(リンカーン)が単勝5,4倍と混戦模様でその時に似ている印象。上記した出走各馬も一長一短を抱えて、その時と同じような結果になる事も充分ありえるだろう。
長距離レースでは真の実力が求められるので堅い決着は多い。しかし菊花賞で結果を残した馬がくれば堅いが、菊花賞で好走した馬が消えれば荒れる。
有料メルマガの方ではさらに各馬の状態や特性に迫って推奨馬をお届けし、重賞データでは[レースのポイント]で天皇賞(春)に対応できる馬、[臨戦過程]で穴馬やレースレベルの考察をお伝えし、[馬場考察]で危険な人気馬をあぶりだしていきます。今週も来年再来年も使えるような有益なデータをみつけ、納得いただけるような考察をお届けできると思いますので、会員の方は週末の配信を楽しみにお待ちください。
無料メルマガでは天皇賞(春)穴馬穴馬データをお届けします。
穴馬データでは桜花賞3着7番人気カタマチボタン皐月賞2着15番人気サンツェッペリンもひっかかっていました。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.