穴馬 予想

競馬予想 皐月賞 今後くる馬こない馬

更新日:

皐月賞は本命に推したヴィクトリーが優勝。
ほぼ想定したとおりのレース振りで、パドックでうるさい部分を見せていなかった点も大きかった。
馬体をみると状態は最高に近く、高い潜在能力を感じさせてまさに今週1番輝いてる馬であった。
皐月賞、状態のいい馬をランキングでご紹介中。
↓ ↓ ↓
といった形でヴィクトリーを紹介させていただいたが、お役にたちましたでしょうか。
しかし当ブログであれだけ注意を促したサンツェッペリンに印を打たなかったのはまことに不徳のいたすところで単純な判断ミス。魔が差したとしか言いようがない。皐月賞と同じ騎手が乗り、中山2000mで結果を残している馬が穴を演出すると、穴馬データでお伝えしていただけに、画竜点睛を欠いたといえる。
しかし予想はおいといて、有料メルマガのレースの考察や重賞データで示したとおりの過程を経て、予測したとおりの結果、配当に落ち着いたといえるだろう。
有料メルマガの読者の方は今回の3連単100万馬券という結果をさして驚かれなかったのではないだろうか。
知っているのと知らないのでは高配当の馬券をとる確率は天と地ほどの差があるといえるので、翌年以降も今週お届けした重賞データと考察を活用していただければ幸いであります。
(有料メルマガとブログを参考にされて100万馬券とられた方いらっしゃいましたら、的中報告お待ちしております。)
出走各馬の次の闘いはダービーになる。直線での攻防を見るとやはりフサイチホウオーが中心となってくる。
パドックでも前走見せた若干の太目が解消されていたが、今後は状態面だけではなく能力面でのさらなる上積みも期待できる。
オーナーはレース前強気であったが、この馬の評価を下げたのも、皐月賞出走がオーナーサイドの意向を汲んでのものという可能性があったためである。
厩舎スタッフはこの結果をある程度想定していたはずで、松田国英調教師の頭の中ではキングカメハメハの京成杯での敗戦が思い出されているだろう。
アドマイヤオーラはパドックでそれほど悪くはなかったが、絶好調という感じでもなかった。その辺が直線でのフサイチホウオーとの勢いの差といえる。
弥生賞をみても、ある程度前で競馬をする作戦だっただろうが、スタートが一息だった事は誤算で、この馬にとってはそれが全てだったかもしれない。フサイチホウオーをマークするという競馬に切り替えたが、いかんせん位置取りが後ろ過ぎた。レース途中で鞍上もこの結果を覚悟したかもしれない。
ダービーでもジョッキーがよほど思い切ったレースをし、展開がはまらない限り逆転は難しいように思う。
その他の馬だが、このレースで末脚不発で終わった馬たちにも復権の可能性は残されている。
しかしドリームジャーニーは距離延長がかなり厳しいだろう。
ヴィクトリーやサンツェッペリンのダービーでの評価に関しては、ダービー時にメルマガの方でお届けしますのでお楽しみに。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.