穴馬 予想

競馬予想  桜花賞 ウオッカ 有料メルマガ サンプル

更新日:

※ 読者の方の利益を守るため、重賞データは掲載しておりません。

ウオッカの近走をチェックしてみると阪神JFでは馬体がやや寂しく、完成度はいまひとつだったが、エルフィンSでは成長を感じさせた。やや余裕残し、そして他馬が54キロのなか56キロであの競馬は圧巻。
チューリップ賞は引き締まりパドックでも迫力があった。エルフィンSを使うのは余計だったという話をよく聞くが、それよりもチューリップ賞でかなり仕上がっていた事の方が不安点といえるだろう。
しかし馬体写真を見ると無駄なものが一切なく、皮膚もピーンと引き締まり張り詰めている。最終追いきりの様子をみると、オーバーワークを懸念して抑えたという感じ。
状態に関しては最高に近い。

まだボリュームを増す余地があり、能力的には更なる上積みが見込める。秋を越してどのような馬体になるのか、空恐ろしささえ感じさせる。
阪神JFのレースをもう一度見てもらえたら、お分かりいただけると思うが、4コーナーの辺りで少しゴチャついて、やや不利を受けるような場面もあった。
スムーズなレースであれば、もう少し楽な勝ち方であったろう。
不安点があるとすれば、牝馬特有の精神的なもののみで、フケ(発情)だけは怖い。
パドックでソワソワする素振りを見せない限り、1着固定の馬券の比重を濃くしたい。
本命に推す。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.