穴馬 予想

アドマイヤラクティ急死。メルボルンC直後。

更新日:

オーストラリアの長距離G1レースであるメルボルンカップへ出走したアドマイヤラクティがレース後急死したよう。

 

メルボルンカップは、2006年に菊花賞馬デルタブルースが勝利しているが、約2億8800万円という高額の賞金でレース当日は現地が休日になるほどのビッグレース。

2番手を追走しており、先頭を伺う勢いであったが、最下位という結果で、最終コーナーで後退しており、レース中から何らかの異変があったよう。

これまで後方からレースをしている同馬が前でレースをしていたが、通常よりも心肺機能に負担がかかったことが影響したのではなかろうか。

また、日本ではないハンデ戦のG1レースで、58キロというトップハンデを背負って出走したが、遠征先の3200mという長距離で重い斤量が急激な体調の悪化を誘因した可能性も考えらえる。

前走でコーフィルドカップ(豪州G1)を制覇しているが、現在非常に勢いのあるハーツクライ産駒で、父は現役時に海外で活躍したことや、ジャスタウェイの父としても知られている。

日本では長距離馬ということが嫌われ種牡馬入りは難しかったかもしれないが、G1勝利を積み重ねていれば、海外から種牡馬入りの引き合いもあったかもしれない。

異国の地で散った馬としては、ホクトベガが思い出されるが、遠征競馬の方がアクシデントが起きる可能性は、日本で走っているよりも高まることは容易に想像することが出来る。

大変残念な結果となったが、心より冥福を祈りたい。そして、今回の結果を今後遠征する際のノウハウとして蓄積し、教訓として生かしてほしい。

この記事が参考となれば、競馬ブログランキング(←コチラ)のクリックをお願いします。

[ご連絡]

次回のメルマガ配信は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で、京王杯2歳S、ファンタジーS、アルゼンチン共和国杯、みやこSなどの穴馬の傾向をお届けする予定。

今週の穴馬配信は金曜23時頃を予定しています。

※ 下記は無料でお届けした穴馬

毎日王冠 8番人気1着 エアソミュール
シリウスS 7番人気3着 トウシンイーグル
オールカマー 12番人気3着 クリールカイザー
北九州記念 17番人気3着 カイシュウコロンボ
エルムS 10番人気3着 インカンテーション
鳴尾記念 10番人気3着 フラガラッハ
京王杯SC 10番人気1着 レッドスパーダ
京王杯SC 7番人気3着 エールブリーズ
青葉賞 10番人気1着 ショウナンラグーン
大阪杯 6番人気2着 トウカイパラダイス
中山牝馬 10番人気2着 ケイアイエレガント
東海S 8番人気3着 マイネルバイカ
ローズS10番人気3着ウリウリ
中京記念13番人気2着ミッキードリーム
函館2歳S9番人気2着プラチナティアラ
安田記念12番人気3着ダノンシャーク
京都新聞杯11番人気3着ジャイアントリープ、9番人気2着ペプチドアマゾン

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.