大阪杯 予想

大阪杯 2019 予想 穴馬は?出走馬馬体考察

更新日:

無料穴馬をお届けするモチベーションとなりますので、週に1日ほどクリックをお願いします。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体予想 穴馬予想」のさとよしです。

今回は有料メルマガでお届けしている2019年大阪杯出走馬の馬体考察の一部、取捨のポイントなどをお届けします。

大阪杯の予想の参考となれば幸いです。

ダービー卿CTは無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けした無料穴馬7番人気マイスタイルが3着に。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

 

 

 

みなさん、どうもありがとうございました。

Twitterでは、基本的に競馬ネタか下ネタしかつぶやいてないので、フォローはあまりお勧めしていません。

たまにツイートを公式RT頂いた方へ不定期で穴馬をお届けしています。

※ 下記はLINEやTwitterでお届けした無料穴馬

ダービー卿CT 7番人気3着マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着ワンブレアウェイ

 

 

[大阪杯 2019 出走馬馬体考察]

ペルシアンナイト

上半身に体高があるつくりや、やや手脚が長い体型などエキストラエンドに似ている。1600mから2000mが合うが、現状のつくりであればマイルの方がいいかもしれない。

全体的にやや体高のあるつくりで、瞬発力や決め手に特化したタイプではない。2018年の富士S、安田記念はともに直線で包まれており瞬発力に特化した馬でないため致命的な不利となった。

シンザン記念時にデビュー前の馬体写真を見る限り、重賞を複数勝ってもおかしくないとお伝えしたが、高い評価をしたことは間違っていなかった。

3歳のマイルCS時に馬体を見た際も、やはり今後古馬を相手にしてもマイルG1などで通用しえるとお伝えした。

2018年のシーズンになってから身体を大きく見せており少なからず成長があったはず。完成度が高い状況ではないにもかかわらず3歳秋の時点でG1を勝っている点からかなりの資質がある。

前走金鯱賞は前有利の流れとなり展開が向かなかった。休み明けはそれほど走らない馬でその点や道悪も響いたか。

能力的にワグネリアン、ブラストワンピース、キセキといったところと比べると、重賞での安定感を欠く点からも一枚落ちるかもしれない。大阪杯の条件自体は悪くない。

 

エアウィンザー

2歳時はもう少しずんぐりした体型であったが、カッチリしたフォルムに変わっており、同じキングカメは産駒のルーラーシップと似た印象を受ける。

エアスピネルの全弟であるが、父キングカメハメハの影響を感じさせるフォルムで骨格がしっかりしておりパワーにベクトルが傾いている。

兄はマイラー体型であったが、この馬もやや距離に限界を感じさせる。ただ、それほどボリュームがないつくりから、こちらは中距離に適性があり、1800m2000m辺りに本質がある。

前走までの馬体を見る限りG1レベルまでの能力があると感じず、前走金鯱賞では実績上位の馬の後塵を拝す結果となった。大阪杯は条件的に悪くないと言ったところ。

 

アルアイン

ディープインパクト産駒としては少数派のタイプ。体重が520キロ近くある大型馬でパワーも兼ね備えている点から、母方の影響が出ている。

3歳時に皐月賞を勝利しているが、ベストの条件にくわえ、持続力が最大限に生きたことと、ペースが上がらなかったことが追い風になった。

皐月賞を勝った後いまひとつ結果が出ていないが、皐月賞の勝利はフロックではない。

日本のG1では合う条件が少なく結果を残しにくい面がある。

厩舎や牧場などの調整が上手いのかもしれないが、状態が安定しており、出来がよくないというケースは見られない。

前走金鯱賞は緩いペースで推移したが、いつもより控える形になり展開が向かず持ち味も生きなかった。大阪杯は距離、コースなど条件的に合う。

 

マカヒキ

ディープインパクト産駒であるが、CBC賞などを勝ち、スプリント路線で活躍しているウリウリの全弟。姉は薄手な体型でスプリント的な体型をしていないが、首が高く、気性的な面が距離適性に影響を与えている面もあったよう。

弥生賞時に初めて馬体を見た際、距離は1800m2000m近辺に本質があると考えた。

しかし、2017年の京都記念で久しぶりに馬体を見たが、やはり距離延長の対応力には疑問符が付いた。

天皇賞(春)には向かわなかったが、距離延長を嫌ったためと思われる。姉のウリウリも徐々に短距離タイプにシフトしていったが、古馬になり徐々に母方の影響が出てきたよう。

馬体のパーツに長所が多い馬で、弥生賞時に重賞を複数勝てる素質があるとお伝えし、その後評価を上方修正した。

今後もG1で活躍し続けるはずとお伝えした。しかし、現6歳世代に関してはダービーの時点から、層こそ厚いものの飛びぬけて強いわけではなく、3歳春に最強世代と呼ばれていたが、過剰評価であるとお伝えしてきた。

その後結果が出ていないが、状態がよくなかったことも影響しており、海外遠征での消耗が尾を引いているためと思われる。復調があれば。大阪杯の条件は悪くない。

 

エポカドーロ

3歳春の時点ではかっちりしたつくりで、父オルフェーヴルよりも母方のフォーティナイナーの影響を感じさせた。徐々に丸みを帯びた体型に変化してきたが、父母いずれの影響が強くなってきたかは不明。

皐月賞を勝利して臨んだダービーでは、スプリングSの内容からも皐月賞はフロックではなく今後も重賞で通用しえるとお伝えした。

2着と好走したが、皐月賞以上に展開の恩恵が大きく、それによって距離を克服した感がある。

神戸新杯ではスタートで出遅れ、持ち味が生きないレースとなったが、それでも控える形になりながら4着と格好をつける結果を残しており、やはり能力は高いものを持っていると認識させられた。

前走中山記念はほぼベストに近い条件で、前有利の流れとなったが、5着という結果は物足りなさを感じさせた。大阪杯が行われる阪神芝2000mは合うが。

 

ステルヴィオ

ロードカナロア産駒であるが、そこまで距離に限界があるタイプに見受けられない。丸みを帯びたラインや上半身のつくりは母の父ファルブラヴの影響が出ていると思われ、アイムユアーズなどとイメージが重なる。

2歳時に今後も重賞で通用する可能性があるとお伝えしたが、3歳春に重賞を複数勝てる素質があると評価を上方修正した。

2歳3歳戦はともかく古馬G1を勝つまではどうかという印象があったが、条件が合うレースが多い点から古馬G1でも好走の可能性はあると感じた。

状態が常に安定している馬。今回もそれほど出来が上がっているという印象はないが、確実に力を出せる出来にある。

勝利したマイルCSでは、状態のよさ、条件が合う点などから本命に推した。能力的に上積みの余地を残している点から勝利まではどうかと感じたが、鞍上の好騎乗も光った。

大阪杯の2000mという距離は守備範囲と言ったところで、例年であれば好勝負可能だが。

 

[有料情報ご案内]

有料情報は大阪杯でも妙味のある穴馬や、大阪杯の馬券に直結する情報をお届けします。

有料メルマガでは、穴馬と危険な人気馬の見つけ方など予想の方法、翌年以降もつかえる馬券に直結するデータ、出走馬の馬体の考察等を配信。

競馬予想の腕を上げたい方はお付き合いください。

2か月購読料金21600円で通常4月末までのところ、5月の情報をサービスさせて頂き5月末までの情報をお届けさせて頂きます。

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」

 

有料穴馬の年期購読は、2か月購読料金と特典レポートをサービス。7か月購読料金18900円で12月末まで配信。

3か月購読料金8100円で6月末まで、2か月購読料金5400円で5月末までの情報をお届けさせて頂きます。

高松宮記念 12番人気2着 セイウンコウセイ
高松宮記念 17番人気3着 ショウナンアンセム
スプリングS 7番人気3着 ディキシーナイト
中山牝馬S 11番人気3着 アッフィラート
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
ダイヤモンドS 8番人気2着 サンデームーティエ
クイーンカップ 7番人気3着 ジョディー
きさらぎ賞 6番人気2着 タガノディアマンテ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオブプラーナ
シルクロードS 12番人気3着 ティーハーフ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレスアウェイ
シンザン記念 10番人気2着 マイネルフラップ

有料穴馬ご案内

-大阪杯 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.