穴馬 予想

新潟2歳ステークス 傾向 穴馬の特徴 穴馬候補

更新日:

期間限定で新潟2歳Sの穴馬候補をブログランキングへ更新。

の備考欄。順位は110位くらい。

の備考欄。順位は60位くらい。

 

先週は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」でお届けした調教推奨馬が札幌記念と北九州記念を勝利。

下記は6月以降の調教推奨馬。

※ 函館記念、七夕賞、プロキオンSなど、動きがいい馬が少ない場合など一部のレースはお届けをお休みしました。

札幌記念 1着サングレーザー
北九州記念 1着アレスバローズ(6番人気)
エルムS 1着ハイランドピーク
エルムS 3着ミツバ
アイビスSD 1着ダイメイプリンセス
アイビスSD 2着ラブカンプー
クイーンS 1着ディアドラ
マーメイドS 2着ワンブレアスアウェイ(9番人気)
マーメイドS 3着ミエノサクシード

無料メルマガで穴馬や調教推奨馬が配信されない場合があるため、LINEも登録しておいてください。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

Twitterではダラダラつぶやいています。

 

[新潟2歳S 傾向]

○ レースのポイントと概要

過去の出走馬を見ると、重賞を複数勝利した馬やG1連対馬が多い。

2015年 1着ロードクエスト
2014年 2着ウインファビュラス
2013年 1着ハープスター
2013年 2着イスラボニータ
2011年 1着ジャスタウェイ
2010年 1着マイネイサベル
2010年 2着マイネルラクリマ
2008年 1着セイウンワンダー

人気別の連対馬頭数をみると、過去10レースの連対馬20頭1~4番人気の馬が12頭と比較的人気馬が強い。

ただ、2けた人気で非常に評価が低い馬が馬券に絡むケースも多く、波乱傾向のあるレースというイメージがある。

 

○ コースが及ぼす影響

枠順別の連対頭数をみると、それほど顕著な傾向はみられない。

ただ、道悪の場合は外枠や内枠の馬が上位を占めるケースがままあり、天気次第では土曜日や当日の傾向を確認する必要がある。

下記は連対馬が初勝利を挙げた際の距離。()内は3着以内の馬。

※ ダート含む

1200m以下・・・4頭(7頭)
1400m・・・5頭(7頭)
1600m・・・8頭(12頭)
1800m・・・3頭(4頭)

初勝利を挙げた際、1400m以下のレースをつかわれていた馬もきている。

過去の連対馬をみると、20頭中14頭がサンデーサイレンス系の馬か母の父サンデーサイレンスの馬。

 

○ 臨戦過程 実績

連対馬の前走の距離をみると、下記のよう。

※ ()内は3着以内に入った馬。

1200m以下・・・3頭(6頭)
1400m・・・5頭(7頭)
1600m・・・9頭(13頭)
1800m・・・3頭(4頭)

連対馬の前走の着順をみると、前走がデビュー戦という馬が多いため当然だが、2着以下の馬はほとんどきていない。

1着・・・18頭  2着・・・1頭 3着以下・・・1頭

このレースで3着だった馬10頭のうち9頭も前走1着であったが、当たり前と言えば当たり前。

そして連対馬20中16頭がデビュー勝ち(1位入線も含む)をしていた。

コース形態にまぎれがなく、斤量に差がないため、能力が結果に素直に反映される条件であり、仕上がりの早さや早熟性、完成度という面においてもデビュー勝ちをしている馬の方が好ましい。

前走ダートの馬が何頭か出走しているが、2012年2着ノウレッジを除けば結果を残していない。

瞬発力が求められるレースであり、ダートとは流れが違うため、前走ダート勝ちで評価をされているような馬には気をつけたい。

好走の可能性が下がるため、少なくとも軸は避けるべき。

また、牡馬牝馬の連対頭数を見ると、牝馬も結果を残している。

※ ()内は3着以内に入った馬

牡馬・・・12頭(22頭)
牝馬・・・8頭(8頭)

 

[新潟2歳S 穴馬の特徴]

2015年12番人気2着ウインファビュラス:前走未勝利を勝利した際、辛勝ではあったが、上がりも最速の脚をつかって勝利。その後阪神JFで2着と好走するように地力も高かったが、それなりのレースも見せていた。

2015年8番人気3着マコトルーメン:前走函館2歳Sで敗れていたが、父ダイワメジャー、母の父タマモクロスという血統からスプリンターではなかったようで、距離延長でパフォーマンスを上げた。初勝利を挙げた際、重馬場であったが、時計のかかる馬場も問題なかった。

2012年9番人気3着サウンドリアーナ:前走上り最速をマークして勝利。前走から体重が20キロ増えていたが、状態あるいは能力の上積みもあったよう。暑い時期で決め手を要求される点からも牝馬が強いレースでその点も追い風になった。

2011年9番人気2着クイーンアルタミラ:レース当日は外枠の馬で決着しており、このレースも内枠の馬が下位に沈み、外枠の馬が上位にきていた。

2010年9番人気1着マイネイサベル:レース当日は外枠と内枠の馬で決着しており、8枠16番と外枠が追い風に。瞬発力で勝負をする馬で、前走新馬戦は速いペースを先行し辛勝するも、距離延長などが好走の要因。

2010年10番人気2着マイネラクリマ:馬体を見た際に高い素質を感じさせて有料メルマガで自信の穴馬推奨。前走1400m、前々走1200mのレースをつかわれていたが、距離延長もプラス材料であった。前半800m48秒3、後半46秒2とペースが落ち着いたことも追い風に。

2009年フローライゼ:前走2着に0秒3差をつけて勝利するも、他の馬より3キロ軽い51キロで出走していたため評価が低かった。中盤のタイムが12秒7、12秒8と落ち着いて上がりが33秒8と瞬発力が生きるレースとなった事が追い風に。

2008年15番人気2着ツクバホクトオー:不良馬場が行われ、人気薄の馬が激走したというよりも人気上位の馬が馬場の悪化に苦しみ凡走したというレース。母方は重めの血統で、馬場の悪化が苦にならなかったよう。

2007年16番人気シャランジュ:前走ダリア賞は6着と崩れたが、プラス8キロという体重増や輸送にくわえ、キャリアの浅い牝馬ということも影響したよう。デビュー戦では2着に0秒7差をつける完勝劇をみせており、その際1200mのレースであったが、血統的に距離延長問題なかった。

2007年9番人気3着ゴールドストレイン:前走芝1800mをつかわれていたが、やや重で行われ時計の裏付けがなかったためか評価が低かった。

2006年11番人気2着マイネルーチェ:前でレースをした馬が残り、この馬も4コーナー4番手に位置どっており、展開の恩恵を受ける形になった。前走はこのレースと同じ新潟芝1600mという条件で勝利していた。

2004年8番人気3着スムースバリトン:前々走のデビュー戦は敗れるも、前走はマイナス14キロと絞れ、変わり身をみせて未勝利戦脱出。前々走の結果で評価が落ちていたが、前々走は脚を余していたよう。

2003年10番人気3着アウトディスタンス:前走は他の馬より3キロ軽い51キロで出走していたが、斤量が軽かったことから侮られ、人気の盲点となっていた。

 

※ 有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」ではより馬券に直結する穴馬と危険な人気馬の特徴、パターンをお届けしています。

 

[新潟2歳S 消えた人気馬の特徴]

2017年
1番人気12着ムスコローソ:前有利の流れで展開が合わなかった。
4番人気7着プレトリア:能力的に劣ったが過剰評価。

2016年
1番人気8着モーヴサファイア:プラス12キロと体重が増えていた。
5番人気7着サンライズソア:前走勝利した際の内容が平凡で能力的に劣っていた。
4番人気5着キャスパリーグ:

2015年
2番人気ヒプノティスト:前走1800mで勝利していたが、その後の戦績からもここでは距離が忙しかったか。
3番人気8着ルグランフリソン:
4番人気17着ウインミレーユ:
5番人気4着ペルソナリテ:1400mがベストで、距離が長かった。

2014年
2番人気6着ナヴィオン:
4番人気8着ワキノヒビキ:
5番人気5着ブリクスト:馬体や走法から距離延長は微妙で崩れるリスクがあった。

2013年
2番人気9着ダウトレス:能力的に足りなかった。
3番人気7着マイネグラティア:
5番人気5着マーブルカテドラル:

2012年
1番人気4着メイショウオオゼキ:
2番人気5着カラフルブラッサム:前走1800mで勝利。その後の実績をみる限り、距離が忙しかった。
4番人気13着エフティチャーミー:
5番人気12着タガノラルフ:上りが36秒台と平凡で、上りが速いレースとなったため流れに対応出来なかった。

2011年
2番人気4着ダローネガ:レースの適性が合わず、前走初勝利を挙げたレースも平凡な内容。
3番人気16着ニンジャ:
5番人気10着ラフレーズカフェ:馬体をみると1400mまでがよかった。

2010年
1番人気10着クリーンエコロジー:
2番人気8着キッズニゴウハン:能力的に足りなかった。
3番人気12着リーサムポイント:レース中に故障があったよう。
4番人気4着エーシンブラン:位置取りが後ろ過ぎた。

 

レパードSは有料穴馬で9番人気ビッグスモーキーを穴馬に推奨。

アイビスSD穴馬8番人気3着ナインテイルズに続いて2週連続穴馬が馬券に。

-穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.