キーンランドカップ 予想

キーンランドカップ 2021 穴馬予想 穴馬と危険な人気馬の特徴

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

札幌記念はLINEでお届けした無料穴馬8番人気ペルシアンナイトが3着に。

お役に立っていれば幸いです。

無料穴馬と調教推奨馬はLINE(←クリック)でご案内しています。

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に好走。

LINEでは無料穴馬もお届けしています。

 

今回は2021年人気薄の穴馬の買い材料や、過去で走った穴馬の特徴をお届けします。

の穴馬探しの参考となれば幸いです。

また、前哨戦でレベルの高かったレース、の予想動画に関してもお届けします。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

 

キーンランドカップ 2021 追い切り情報 調教推奨馬

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に!!

目黒記念は調教推奨馬15番人気アドマイヤアルバが3着に。

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

札幌記念3着(8番人気) ペルシアンナイト
北九州記念3着 モズスーパーフレア
小倉記念3着(8番人気) スーパーフェザー
関屋記念1着 ロータスランド
レパードS1着 メイショウムラクモ
レパードS3着 レプンカムイ
クイーンS3着(8番人気) サトノセシル
クイーンS1着 テルツェット
アイビスSD1着 オールアットワンス
函館記念2着(14番人気) アイスバブル
中京記念1着 アンドラステ
函館2歳ステークス2着 カイカノキセキ
七夕賞1着 トーラスジェミニ
宝塚記念3着 レイパパレ
エプソムカップ1着 ザダル
函館スプリントステークス1着 ビアンフェ
函館スプリントステークス2着 カレンモエ
安田記念1着(8番人気) ダノンキングリー 
目黒記念3着(15番人気) アドマイヤアルバ 
平安ステークス1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬はLINE(←クリック)でご案内しています。

 

 

キーンランドカップ 2021 予想動画

 

キーンランドカップ 2021 人気薄の買い材料

カツジ:瞬発力では劣り、控えるレースではハイペースや時計のかかる馬場などタフな条件で浮上する。函館スプリントSでは最後方からのレースを進めたが、ペースが上がって展開的にはまり勝ち馬と0秒1差と悪くない内容を見せている。

タイセイアベニール:父系の系統は、函館スプリントSで結果を残しており洋芝に適性を見せる可能性はある。

ヒロイックアゲン:オーシャンSでは14番人気と評価が低かったが、能力的に通用する可能性にがあり、本命に推したが4着と惜しいレース。パワーがあり洋芝は対応できる。

セイウンコウセイ:近走勝ち馬とそれほど差のないレースをしている。適度なパワーがある点から洋芝は悪くなく、1200mが合うのも言わずもがな。

ジョーアラビカ:3走前の函館スプリントSでは能力的に通用すると考えて自信の穴馬に推した。12番人気と低評価であったが4着という結果。重賞で通用する能力はある。

マイネルアルケミー:函館スプリントSで勝ち馬と0秒2差、前々走はオープンで3着とここでも好走できる能力はある。

シュウジ:ダートでも結果を残している点から時計のかかる洋芝自体は合うはず。2016年のこのレースでは2着と好走している。4走前の天王山Sでは59キロを背負って2着と好走しており能力的に終わっているわけではない。

アストラエンブレム:これまで素質を評価してきた1頭で、3歳のシンザン記念時に能力的にG1で好走できるまではどうかという感はあるが重賞を勝てるだけの素質はあるとお伝えしてきた。展開がはまった感はあるが4走前に58キロを背負ってオープンを勝利。前走安土城Sは前が壁になっており脚を余した感があった。

カイザーメランジェ:前走は今回と同じ距離コースのUHB賞でで3着と結果を残している。条件は悪くない。

 

無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

 

キーンランドカップ 穴馬の特徴

 

○ 2018年キーンランドカップ:9番人気3着ペイシャフェリシタ

やや重で行われたが、道悪でも結果を残していた。

3走前までは安定して走っていたが、たたき3走目で好走。

 

○ 2017年キーンランドカップ:12番人気1着エポワス

前年、前々年と結果が出ていなかったが、この年は人気上位の馬に不安があり崩れたことも大きかった。

体重がプラス20キロと増えていたが、過去何回も490キロ台で馬券に絡んでおり問題なかったよう。

 

○ 2011年キーンランドカップ:6番人気2着ビービーガルダン

4か月ぶりのレースが嫌われていたが、鉄砲は利く馬。出来も申し分なかった。

このレースでくるタイプに符合。

 

○ 2010年キーンランドカップ:6番人気2着ジェケイセラヴィ

馬体や過去の傾向などこのレースでくるタイプに符合。

前でレースをする馬が残り、人気馬は脚を余していた。

 

○ 2010年キーンランドカップ:8番人気3着ベストロケーション

1600mの京都牝馬Sでも結果を残していたが、前残りであった。

本質的に1200mの方がいい馬でパフォーマンスを上げた。

 

○ 2009年キーンランドカップ:13番人気2着ドラゴンウェルズ

前走UHB杯は体重が大幅に減っており5着という結果。

輸送が響いたものと思われるが、洋芝が合ったことが好走の要因。

 

○ 2009年キーンランドカップ:12番人気2位入線モルトグランデ

自信の穴馬推奨。調教の内容がよく、過去の傾向にも符合。

前でレースをする馬が有利な流れとなり、降着となったがいいレースをした。

 

○ 2008年キーンランドカップ:16番人気1着タニノマティーニ

太りやすい体質だったかもしれないが、体重が490キロ近辺の時に人気薄で走る傾向がみられ、前走UHB杯、前々走函館スプリントSは得意の洋芝で行われていたが、ともに500キロ台の体重であった。

 

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

キーンランドカップ 危険な人気馬の特徴

 

2017年
1番人気6着モンドキャンノ:まだいい頃の出来になかったが、近走結果が出ておらず、スランプか早熟であった。
3番人気13着シュウジ:58キロを背負っており、状態がよくなく、馬場状態も合わなかった。
4番人気7着メイソンジュニア:プラス8キロと体重が増えていたことにくわえ、馬場も合わなかった。

2016年
4番人気4着ソルヴェイグ:
5番人気8着サトノルパン:プラス10キロと体重が増えていたことが響いたか。

2015年
2番人気5着レッドオーヴァル:外をまわすのに手間取り、仕掛けが遅れて脚を余した感がある。
3番人気9着エポワス:
4番人気4着オメガヴェンデッタ:前でレースをして展開合わず。
5番人気7着ローブティサージュ:

2014年
2番人気7着スマートオリオン:ペースが厳しく、斤量も57キロと他馬より背負っていた。
4番人気8着スノードラゴン:

2012年
2番人気7着ドリームバレンチノ:出来が落ちていた。
5番人気4着シュプリームギフト:

2011年
2番人気9着ジョーカプチーノ:厳しいペースとなり、本職のスプリンターでなかったため、スピードで劣って対応出来ず。休み明けでもあった。
3番人気14着アンシェルブルー:
5番人気8着グランプリエンゼル

2010年
1番人気4着ビービーガルダン:
3番人気8着ローレルゲレイロ:休養明けで斤量も59キロ。
4番人気5着モルトグランデ:
5番人気10着トウカイミステリー:

2009年
3番人気5着トレノジュビリー:
4番人気10着ピサノパテック:
5番人気7着アポロドルチェ:能力的に下降していた。

2008年
3番人気5着マヤノツルギ:前走OP特別完勝も、ここではレース適性で劣った。
4番人気7着トウショウカレッジ:
5番人気10着ゴスホークケン:3歳で挑戦も、早熟で頭打ちになっていた。

 

 

無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

-キーンランドカップ 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.