ジャパンカップ ジャパンカップ 予想

ジャパンカップ 2019 予想 出走馬の考察と穴馬の特徴

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2019年のジャパンカップの人気馬の考察をお届けします。

 

ジャパンカップ 2019 人気薄の情報

youtubeにて2019年ジャパンカップの人気薄出走馬の情報を公開しました。

好評であれば、さらに情報を更新していきますので、チャンネル登録と高評価をお願いいたします。

 

ジャパンカップ 2019 無料穴馬

マイルCSは無料穴馬としてお届けした10番人気マイスタイルが4着と惜しい結果。

※ 下記は無料メルマガ(←クリック)でお届けした考察の一部

マイスタイル

3歳春の時点では全体的なフォルムに丸みを感じさせ、ハーツクライの影響が出ているように感じたが、ひと夏を越して3歳秋を迎えてかっちりしたつくりとなっており、フォーティナイナーの影響が出てきたように感じる。

3歳春の時点で馬体を見た際、1600mから2000mあたりの距離が合うと考えた。

2019年のスワンSでは1400mであったが3着と好走しており、1600m1800mがベスト。2000mであれば条件を選ぶ。

3歳春の弥生賞時に今後重賞で結果を残していくかもしれないとお伝えしたが、パーツにいいものがある。

5歳ということを考えるとまだ能力的な上積みがあるかもしれない。

前走スワンSは道悪で決め手が要求されるレースで、上位2頭は差し馬で決着している。その中を休み明けながら先行して3着に踏みとどまっている。

勝利した函館記念よりも、敗れたとはいえ内容のあるレースをしていたスワンSの方が評価が必要。

スワンSで敗れたダイアトニックとモズアスコットとの比較になるが、斤量が1キロ重かったモズアスコットはともかく、距離延長で同じ斤量であったダイアトニックよりも人気がないのは妙味がある存在と言える。

エリザベス女王杯の様にペースが落ち着けば一発があって驚けない。

 

 

今週は京阪杯の無料穴馬をお届けする予定。

波乱の可能性が高ければジャパンカップも無料メルマガ(←クリック)で無料穴馬をお届けする予定です。

無料穴馬はTwitter(←アカウント)のフォロワーの方やお付き合いのある方へお届けしています。

※ 下記はメルマガやTwitterなどでお届けさせて頂いた無料穴馬

アルゼンチン共和国杯 5番人気2着タイセイトレイル
菊花賞 8番人気2着 サトノルークス
富士S 9番人気2着 フロンテアクイーン
小倉記念 6番人気2着 カデナ
中京記念 6番人気2着 クリノガウディー
マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料メルマガでは無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けしています。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)

 

ジャパンカップ 2019 人気馬の考察

ワグネリアン:近走結果が出ていないが、展開が向かず、落鉄のレースもあったため。同じ東京芝2400mで行われたダービーを勝っているが、高いレベルになって2400mがどうか。

ユーキャンスマイル:天皇賞(秋)は後方からのレースとなり展開が向かなかったが、アーモンドアイを上回る上がり最速をマーク。距離延長はプラス材料。実績を考えると人気し過ぎの感もある。

レイデオロ:万能タイプに近く条件をあまり選ばない印象。近走不振だが衰えがないかがポイントのひとつ。前走は上積みの余地がかなりあった。

スワーヴリチャード:昨年3着に終わったが、展開が向かなかった。ダービーでも2着と好走しており、距離とコースはベストの条件。

カレンブーケドール:今回と同じ東京芝2400mで好走したオークスは内容のあるレース。条件が合う点を生かすことが出来れば。

ムイトオブリガード:休み明けの日経新春杯を除けば2400m以上の距離で安定して結果を残している。能力的に通用しえるかが最初のポイント。

 

ジャパンカップ 穴馬の特徴

○ 2015年ジャパンカップ:7番人気2着ラストインパクト

直線で最内を突くロスのないレースをしたことが最大の好走要因。鞍上ムーアの好騎乗が光った。

能力では劣っていたが、実績上位の馬が東京の適性で劣り、状態がよくなかった馬がいたことも追い風となった。

○ 2013年ジャパンカップ:11番人気3着トーセンジョーダン

自信の穴馬推奨。能力的にはここでも上位にあった。

前でレースが出来たことが大きかったが、好騎乗であった。

○ 2013年ジャパンカップ:7番人気2着デニムアンドルビー

前走エリザベス女王杯は流れが合わなかったが、距離延長などが追い風になった。

○ 2011年ジャパンカップ:14番人気3着ジャガーメイル

穴馬に推奨。上半身と下半身ともに張りが出ており、状態面での上積みも感じられたが条件もベストであった。

○ 2011 年ジャパンカップ:6番人気2着トーセンジョーダン

前走天皇賞(秋)は前半1000m56秒台という極端なハイペースで推移し、展開の恩恵を受けたが、このレースは一転 して先行策をとり、前半1000m62秒2とペースが落ち着き、先行して粘る結果に。

前走は出来がいまひとつも叩かれて良化していたが、鞍上と陣営の戦略 が功を奏したことが最大の好走要因。

○ 2010年ジャパンカップ:8番人気3着ヴィクトワールピサ

自信の穴馬に推奨。全体の張りや皮膚の質感など状態面に関しては最もいいと感じた馬で、一週前追い切りの内容もよかった。

○ 2008年ジャパンカップ:9番人気1着スクリーンヒーロー

前走アルゼンチン共和国杯を勝利していたが、2着ジャガーメイルもその後天皇賞(春)を勝利し、3着のアルナスラインもその後日経賞を勝ち、天皇賞(春)で2着と好走しているが、レベルが高いレースであった。

○ 2004年ジャパンカップ:7番人気3着ザッツザプレンティ

前走菊花賞を人気薄で勝利していたが、侮られていた。

前走も馬体に余裕があり、プラス10キロという数字であったが、このレースではマイナス14キロと絞れていた。

 

マイルチャンピオンシップ 危険な人気馬の特徴

2018年
3番人気6着サトノダイヤモンド:能力的な衰えがあった。
5番人気4着シュヴァルグラン:展開が向かなかった。

2017年
3番人気10着サトノクラウン:
4番人気7着ソウルスターリング:道中かなりの距離掛かっていた。実力不足もあったか。

2016年
2番人気5着リアルスティール:決め手を生かしたレースをせず、前でレースをしたことにより距離の不安が表面化する結果に。
3番人気4着ゴールドアクター:
4番人気13着ディーマジェスティ:ペースが落ち着いたことが響いた。

2015年
2番人気10着ゴールドシップ:
3番人気8着ミッキークイーン:
5番人気5着サウンズオブアース:

2014年
1番人気4着ジェンティルドンナ:道悪はよくない馬で、前日の降雨によるタフな馬場とペースが影響。
2番人気5着ハープスター:
5番人気9着イスラボニータ:距離が長く、タフな馬場とペースも堪えた。

2013年
2番人気15着ゴールドシップ:
3番人気10着エイシンフラッシュ:逃げるレースとなり、持ち味生きず。
4番人気4着アドマイヤラクティ:
5番人気8着アンコイルド:

2012年
2番人気3着ルーラーシップ:出遅れて外を回り上り最速の脚をつかうも届かず。
4番人気5着フェノーメノ:
5番人気9着エイシンフラッシュ:この馬にはペースが速かった。

2011年
1番人気6着デインドリーム:
3番人気16着ペルーサ:走る気がなかったよう。
4番人気11着ヴィクトワールピサ:3月以来のレースで状態も上がり切っていなかった。
5番人気8着エイシンフラッシュ:

2010年
2番人気10着ナカヤマフェスタ:
3番人気5着ペルーサ:ス
5番人気8着エイシンフラッシュ:

2009年
3番人気4着コンデュイット:出遅れ。
4番人気13着スクリーンヒーロー:レース中に故障があったよう。
5番人気9着リーチザクラウン:逃げるレースをしたが、厳しいペースだった。

※ より明確な傾向は有料メルマガでお届けしています。

-ジャパンカップ, ジャパンカップ 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.