競馬 予想

函館スプリントS ユニコーンS 2018 人気薄の買い材料と穴馬候補

更新日:

ユニコーンS2018の穴馬候補競馬ランキングの備考欄へ更新。

ランキングの順位は90位くらい。スマホであれば下へスクロールしていくと上部に順位などが表示されます。

函館スプリントS2018の穴馬候補の備考欄へ更新。現在70位くらい。

 

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ)とLINE(←クリック)で調教推奨馬をお届けしましたが、マーメイドSはワンブレスアウェイ(10番人気)が2着、ミエノサクシードが3着という結果でした。

波乱になると思われる際に重賞の無料穴馬をお届けしています。

無料メルマガで穴馬や調教推奨馬が配信されない場合があるため、LINEも登録しておいてください。

 

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しています。ありがとうございます。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

 

[ユニコーンS・出走馬の買い材料と課題]

ルヴァンスレーヴは4戦3勝2着1回とほぼ完璧な戦績。今回これまでより相手が強くなり、それらより上であるかがポイントとなる。

グリムは前走今回と同じ距離、コースのOP特別を勝利。ただ、この馬とタイム差なしの2着と好走した馬は斤量が1キロ重かった。

グレートタイムは胴長でそれほどボリュームがない体型、腰のつくりなど母の父キングカメハメハという血統タガノトネールに体型がよく似ている。体重減があった前々走を除けば安定して走っている。結果を残しているのは1800mのレースで、距離を克服できるかが鍵となる。

ハーベストムーンはボリュームが発達した体型で父マンハッタンカフェよりも母方の影響が出ているか。1600mは初出走で、その点が課題となる。

リョーノテソーロは前走NHKマイルカップで敗れているが相手が強かった。ダートでは連を外しておらず、安定して走っている。

コマビショウは500万条件で2着に0秒6差をつけて完勝。前走、前々走はともにOP特別で3着と好走している。今回初めて1600mとなるがその点がポイント。

バイラは1600mまでは持ちそうで、スピードで押し切るよりも控えるレースの方が向くはず。完成度と能力面が課題。

ダンケシェーンはローレルゲレイロに似た印象で母の父キングヘイローの影響が出ている。マイル近辺が合い、コースはそれほど問わないはず。前走は休み明けにくわえて直線で包まれていた。

ベストマイウェイはこれまで前でレースをしていたが、前走は控えるレースでパフォーマンスを上げた感がある。ただ、2着に0秒2差をつけて完勝しているが、道悪が影響した面もあり額面通り受け取ることが出来ない。

エングローサーは1600mで結果を残しており、距離は問題ないと思われる。今回は相手が強く、前走休み明けで500万条件を勝利しているが、たたかれて上積みの余地があるのであれば。

プロスパラスデイズは前走500万条件で2着に0秒6差をつけて完勝。ただ、前走は展開が向いた面があり、今回は相手が強化される点がどうか。

タイセイアベニールは芝で2勝を挙げており、OP特別でもそれほど差のないレースをしている。前走初ダートのOP特別で2着と好走しているが、ダートで底をみせていない。ただ、1600mは初めてとなる。

トキノパイレーツは2勝はいずれも今回と同じ東京D1600m。前走500万条件の勝ち方は物足りないものがある。

セイウンクールガイは前走芝のOP特別で敗れているが、前々走まではダートで安定して走っている。

ホウショウナウはダートで2戦2勝と底をみせていない。2戦はいずれも1400mで距離延長が課題。

ミックベンハーは前走500万条件を辛勝も、休み明けであった。たたかれての上積みは期待できる。東京D1600mでも結果を残している。

ユニコーンS2018の穴馬候補競馬ランキングの備考欄へ更新。

 

G1レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

 

[函館スプリントS・出走馬の買い材料と課題]

ナックビーナスは高松宮記念3着以来のレースで間隔が空いており、休み明けのレースが少ないが、結果はまずまず。脚質的にペースが上がれば。

ワンスインナムーンは2月以来のレースとなるが、鉄砲はまずまず利く。スプリンターズSの時は調教で評価したが状態がよかった。その頃の出来にあれば。

ダイアナヘイローは前走高松宮記念は展開が厳しかった。重賞2勝もそれほど名の内容ではなかった。前有利の展開であれば。

セイウンコウセイは前走高松宮記念は体重減とハイペースが響いたか。57キロと、今回もペースが上がりそうな点は懸念材料。

キングハートは昨年のこのレースで2着と好走しているが、条件は合う。昨年より成長もしている。

ジューヌエコールは能力が高いが、近走結果が出ておらず不振。復調していれば。

ティーハーフは2015年のこのレースの勝ち馬。前走58キロでOP特別を勝利しており、まだ能力的に見限ることが出来ないよう。

ライトフェアリーは前走OP特別で2着と好走している。今回は同型が強力な点が悩ましいところ。

ラインスピリットは3走前までは重賞で差のないレースをしており、OP特別を勝っている。展開次第では。

エポワスは名うての洋芝巧者。昨年のこのレースでも3着と好走しており、展開がはまれば。

アドマイヤゴッドは近2走は凡走しているが、その前の2戦はOP特別で差のないレースをしている。前でレースをしてペースが落ち着けば。

ヒルノデイバローは予想オッズでは人気になっていないが、実績や実力は上位。

タマモブリリアンは函館で2勝を挙げており、京阪杯で勝ち馬と0秒3差というレースをしている。

ノットフォーマルは前走OP特別で2着と好走している。前でレースをしていったいったの展開となれば。

ノボバカラは昨秋南部杯マイルCSで2着と好走しているが、その後戦績が不安定。ペースが上がって極端に上がって展開が向けば。

ユキノアイオロスは血統的にこの条件は向くかもしれない。近走の内容から能力的に差はあるが。

函館スプリントS2018の穴馬候補の備考欄へ更新。現在70位くらい。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は目黒記念で10番人気ノーブルマーズを本命に推し、馬連は逃したものの、◎○でワイド1680円1点的中。

安田記念は自信の穴馬に推奨した9番人気モズアスコットが勝利し、勝負馬券の馬連7370円15点的中。

有料穴馬では毎週重賞の穴馬をお届けしています。

※ 下記は主な推奨穴馬

新潟大賞典 11番人気3着 ナスノセイカン
皐月賞 8番人気3着 ジェネラーレウーノ ※ 特別に配信
ダービー卿CT 9番人気3着 ストーミーシー
日経賞 7番人気2着 チェスナットコート
金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

その他にもニュージーランドT12番人気4着ゴールドギア、東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ、AJC杯9番人気4着ディサイファ、京成杯10番人気4着ライトカラカゼなど、惜しい結果となっています。

-競馬 予想
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.