フェブラリーステークス 競馬 予想

フェブラリーS 2018 傾向と穴馬の特徴

更新日:

フェブラリーS 2018 傾向

LINEでは無料で重賞の穴馬など情報をお届けしています。

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」はまずまずの予想。

クイーンカップ ▲◎ 馬連4010円6点的中

共同通信杯 10番人気3着エイムアンドエンド・穴馬推奨

京都記念 △○◎

クイーンカップは本命に推して2着と好走したフィフニティが5番人気とまずまず評価が低く、リターンは大きかったと思います。

有料穴馬は共同通信杯で10番人気3着エイムアンドエンドを穴馬推奨。

※ 下記は有料穴馬で推奨した穴馬

共同通信杯 10番人気3着エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着ラセット
シルクロードS 5番人気2着セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着コスモカナディアン
ターコイズS 7番人気3着デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着ネロ
武蔵野S 8番人気2着サンライズソア
スワンS 12番人気2着ヒルノデイバロー

その他にも東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ、AJC杯9番人気4着ディサイファ、京成杯10番人気4着ライトカラカゼなど、惜しい結果となっています。

フェブラリーS 2018 レースのポイントと概要

過去10レースの連対馬の人気をみると、20頭中14頭が5番人気以内の馬で、平穏傾向のみられるレース。

まぎれがないコースで行われ、実力が結果に反映されるレースであるため、2014年1着コパノリッキーを除くと、19頭の馬に重賞勝利があり、8頭の勝ち馬にG1での連対実績があった。

過去レースの連対馬20頭中19頭に1800mの距離でオープンでの勝ち星、もしくは重賞連対があった。

連対馬の前走のレースをみると川崎記念、東京大賞典などから参戦してくる馬が中心となる。

連対馬の前走での結果をみると、G1連対が11頭、G3連対が6頭。

G1レース(交流含む)…8頭  3-1-1-3
G2・G3レース…10頭  6-1-3-0
OP特別…1頭  0-0-0-1
1600万条件…1頭  1-0-0-0

連対馬の前走の結果をみると、軸馬は前走で重賞レースを連対していた馬から選ぶことが基本となる。

実力馬が強いレースであるため、データの面からはそういった馬が最も信頼できる。

ただ、前走連を外していた馬は、ステップレースによっては結果を度外視しないといけないケースがあり考慮したい。

フェブラリーS 2018 コースが及ぼす影響

東京D1600mはスタート直後に芝の馬場を通り、外枠の方が芝を通る距離が長いため、内枠よりも外の方がやや有利。

ただ、枠別の連対馬頭数ならびに馬券に絡んだ馬の頭数をみると、枠の内外による有利不利はみられないため、それほど気にする必要はない。

過去のレース時計をみると、1分34秒台で決着することが多く、1分34秒6という時計が最速で、1分34秒7、1分34秒8という時計も出ているが、いずれもやや重より馬場が悪化して時計の速い馬場であった。

良馬場で1分34秒9という時計で勝っていた2006年カネヒキリ、2010年エスポワールシチーの2頭が最もレベルが高いレースで、ともに2着に0秒4の差をつけていた。

連対馬の脚質をみると、逃げ馬の連対は2011年1着トランセンド、2005年1番人気1着のメイショウボーラーなどがあるが、基本的には先行馬と差し馬が中心となる。

ペースが速くなることにくわえて直線が長いため差し馬が強く、道中10番手以降に位置した馬もきている。

過去10レースの連対馬の前走のレースにおける上がり3ハロンの時計をみると、20頭中14頭が上がり3位以内の脚をつかっていた。

D1600mの時計は参考とならない。

ただ、ある程度スタミナが求められるため、連対している馬はほとんどが1800mの距離を克服していた。

フェブラリーステークス 2018 穴馬の特徴

2014年16番人気1着コパノリッキー:2番手でレースをすすめたが、前半48秒0と過去10年で最も遅いペースで推移した、スローペースが追い風に。その後の活躍をみても能力の高さもあったが、たたき3走目で状態も上がっていた。

2013年9番人気2着エスポワールシチー:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。馬体の張りがある時に走る馬で前年時より状態がよく、8歳という年齢と近走の内容が嫌われたかもしれないが、その前の南部杯マイルCSを制しており、能力の減退はなかった。

2012年7番人気1着テスタマッタ:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。距離延長はプラス材料で、高い資質を感じさせる馬であるが、すっきりと仕上がっていた。

2009年6番人気1着サクセスブロッケン:前走川崎記念、前々走東京大章典は、カネヒキリ、フリオーソ、ヴァーミリアンに敗れていたが、やや重で行われ時計が速い馬場になったことも追い風に。

2008年7番人気2着ブルーコンコルド:有料メルマガにて本命推奨。前年は抜群の状態であったが、この年もそれに勝るとも劣らない出来で推奨。8歳という年齢も嫌われる要因であったが、能力の減退はなかった。

2007年9番人気3着ビッググラス:有料メルマガにて推奨。前走1400mの根岸Sを勝利しているが、馬体から距離延長がプラスになったことが好走の要因。

2006年11番人気3着ユートピア:D2000mのダービーグランプリを勝っているが、本質はマイラー。前走、前々走は2000m以上の距離で敗れていたが、距離短縮がプラスに。4走前にマイルCS南部杯を勝ち、3走前に1900mのJBCクラシックで2着と好走していることを考えれば、この評価はあまりにも低すぎた。

2004年9番人気3着スターリングローズ:1400mで実績があり、距離延長が嫌われていたが、ペースが落ち着いたことが大きな追い風となった。地方を合わせると重賞6勝と実力も申し分なく、近走も59キロを背負いながら好走していた。

フェブラリーステークス 2018 人気馬が消えた要因

※ 一部は有料メルマガ読者の方の利益を守るため割愛

2017年
3番人気12着モーニン:
4番人気7着ノンコノユメ:去勢がマイナスとなっていた感は否めない。

2016年
3番人気4着ベストウォーリア:
4番人気7着コパノリッキー:前年ほど出来がよくなかった。
5番人気10着ホワイトフーガ:後方からのレースが響いた。

2015年
2番人気6着ワイドバッハ:
4番人気5着ローマンレジェンド:距離が忙しかったか。

2014年
3番人気13着ベストウォーリア:
4番人気8着ニホンピロアワーズ:絶好調とまでいかない出来で、体重が大幅に減っていた。
5番人気6着ワンダーアキュート:

2013年
1番人気15着カレンブラックヒル…芝向きの体型。過剰評価の典型。
2番人気12着イジゲン…ゲートで暴れて出遅れ。JCダート以来で体重も10キロ増えていた。
4番人気4着テスタマッタ…
5番人気5着シルクフォーチュン…

2012年
1番人気7着トランセンド…前走JCダートを勝利するも休み明け。この条件も合わなかった。
3番人気5着エスポワールシチー…
5番人気4着ダノンカモン…G1では能力的に足りなかった。

2011年
2番人気14着セイクリムズン…距離が若干長く、先行するレースをして決め手を生かすレースが出来ず、マイルに対応出来なかった。
5番人気4着ダノンカモン…決め手で劣り、G1では能力的に足りなかった。

2010年
3番人気12着レッドスパーダ…能力的に足りず、適性面でも劣った。
4番人気10着リーチザクラウン…ダート向きではなく、過大評価。

2009年
2番人気6着ヴァーミリアン…
4番人気5着フェラーリピサ…
5番人気4着エスポワールシチー…本格化前でこの時点では力不足。

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしてまいります。

 

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

-フェブラリーステークス, 競馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.