穴馬 予想

中京記念 2018 穴馬と危険な人気馬の特徴

更新日:

中京記念、函館2歳Sの穴馬候補を期間限定での備考欄へ更新。ランキングの順位は80位くらい。

もう1頭、中京記念、函館2歳Sの穴馬候補を期間限定での備考欄へ更新。ランキングの順位は50位くらい。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

調教推奨馬は無料メルマガLINEでお届けしています。

無料メルマガでは、登録時に函館2歳Sと中京記念の調教推奨馬が送信されます。

今回は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」でお届けしている中京記念の重賞データから一部を抜粋し、中京記念の穴馬と危険な人気馬の特徴をお届けします。

次回の穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

 

※ 有料メルマガでは、より明確な穴馬、危険な人気馬の共通点や特徴をお届けしています。

[中京記念 穴馬の特徴]

2016年7番人気1着ガリバルディ:直線が長いコースは合ったことが好走の要因。これまでとは一転して後方からレースをすすめたが、展開が嵌った面もある。

2015年13番人気2着アルマディヴァン:有料メルマガで本命推奨。過去の穴馬のパターンに符合。マイルはベストでないが、決め手を生かす点から対応可能であった。3走前の福島牝馬Sでは別定戦ながら勝ち馬と0秒2差と悪くないレースをしていた。このレースではハンデ戦で52キロと斤量が軽く、能力的に通用しえた。

2014年7番人気1着サダムパテック:中京のコース、距離など条件がベストに近かった。前年のマイルCSでも0秒6差とさして負けておらず、能力の減退は明らかでなかった。馬体に余裕を感じさせたが、輸送を控えており、絞れていたよう。

2014年11番人気2着ミッキードリーム:有料メルマガで自信の穴馬推奨。前年のこのレースで2着と好走していたが、斤量も1キロ減っていた。近走は58キロを背負うことが多かったが、56キロで出走できた点は大きな好材料。

2013年13番人気2着ミッキードリーム:前年のこのレースでもこの年と同じ57キロを背負って0秒3差と善戦しており、能力的にも通用しえた。

2012年10番人気3着トライアンフマーチ:休み明けであったが、仕上がっていた。58キロを背負っていたが、安田記念でも厳しいペースを先行しながら0秒2差と僅差に粘るなど、ここでは能力的に上位であった。

[中京記念 消えた人気馬の特徴]

2017年
3番人気5着ダノンリバティ:
4番人気4着アスカビレン:決め手の差が出る結果となったが、実力と距離適性の差もあった。

2016年
1番人気10着ダッシングブレイズ:
2番人気12着トウショウドラフタ:
3番人気15着タガノエスプレッソ:位置取りが後ろ過ぎた。
5番人気6着ダノンリバティ:プラス10キロと体重が増えていた。

2015年
1番人気7着カレンブラックヒル:
2番人気8着レッドアリオン:後方からのレースとなり持ち味生きず。
4番人気15着オリービン:体重が減っていた。
5番人気12着トーセンレーヴ:敗因不明。

2014年
1番人気10着フラガラッハ:
2番人気8着クラレント:
3番人気7着サトノギャラント:悪い出来ではなかったが、馬体の張りが乏しく、完成度で劣った。
4番人気11着ダイワマッジョーレ:

2013年
1番人気10着ランリョウオー:2番人気4着ドナウブルー:体重が増えており、プラス12キロと増えていた。

2012年
1番人気7着ダノンヨーヨー:出遅れと58キロが影響した。
2番人気11着レッドデイヴィス:厳しいペースで先行し、57キロと体重が8キロ減っていたことが影響。
3番人気6着エアラフォン:
4番人気14着エーシンリターンズ:

 

先々週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は七夕賞11番人気メドウラークを自信の穴馬に推奨し、人気のサーブルオール、キンショーユキヒメ、プラチナムバレットなどを外して勝負馬券の馬連23250円9点的中しましたが、2週連続的中ならず。

有料穴馬も、CBC賞9番人気2着ナガラフラワーを、七夕賞は11番人気1着メドウラークを穴馬推奨し、2週連続激走しましたが、先週は激走ならず。

重賞の穴馬は無料メルマガとLINEでも一部お届けしています。

CBC賞は無料メルマガとLINEでお届けした無料穴馬9番人気ナガラフラワーが2着に。

ユニコーンS7番人気3着エングローサーが3着に続いて配信機会2回連続穴馬が馬券に。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

重賞の無料穴馬と調教推奨馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ)とLINE(←クリック)でお届けしています。

無料メルマガで穴馬や調教推奨馬が配信されない場合があるため、LINEも登録しておいてください。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.