チャレンジカップ 予想

チャレンジカップ 2018 予想 馬体診断

投稿日:

閲覧時に一回クリックをお願いします。ランキング順位が上がっていれば、新しい情報を追加していきます。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は有料メルマガでお届けしているチャレンジカップの馬体診断考察を一部お届けします。

 

[PR]

小点数で的中を連発!
「無料参考情報」は必ずチェック!「競馬学会」(PR)

担当制を活用してサポート体制を充実化している「競馬学会
今、人気のサイトです!
毎週的中を積み上げていて、先週も30レースを的中!
先週は京都2歳ステークスを的中!
小点数の的中も多く「さすが!」と言ったところです。

11月24日東京9Rのカトレア賞は8点で的中!
13番人気のヨハンを含めての小点数的中。
推奨馬券代、700円で投資5,600円。
415,100円の勝ちをもたらしてくれました。

また、今週は的中がありませんでしたが競馬女子「馬場あすな」の「参考にしてみてくださいね!」買い目で重賞を的中させてくるので、無料情報はいつも確認をしてください!
京王杯2歳ステークス」「デイリー杯2歳S」を無料参考情報で的中!

メールアドレス登録後、確認メールからログインしてください。
迷惑メールフォルダに来ることもあるので、確認をお願いします。

今週末は無料登録すると「チャンピオンズC(G1)」の厳選無料買い目を見れます。
小点数で的中を積み上げる「競馬学会」から目が離せません!

無料登録で重賞の情報を見る!

 

チャレンジカップ 2018 馬体診断考察

レイエンダ

上がりの速いレースの適性は微妙。距離は1800mから2200m辺りに本質がある。

下半身の筋力がセールスポイント。

3歳秋の時点では完成度が低かったが、ここからよくなってくればより高いパフォーマンスを発揮するかもしれない。

古馬になってから良化する可能性がある。

 

ステイフーリッシュ

距離は2000m近辺が合うと考えたが、2歳時に初めて馬体を見た時などよりも胴が長くみえ、2000mから2400m辺りがベストか。

2歳暮れのホープフルS時に、決め手という武器を有している点から今後重賞で結果を残していく可能性があるとお伝えし自信の穴馬に推奨した。

評価が低かったが3着と結果を残している。フロックではなかったが、2歳時はかなり華奢な印象があり、完成度で劣った。

 

ダンビュライト

骨格や首が高い走り方は、父ルーラーシップやドゥラメンテに通じるものがあり、父の父キングカメハメハの影響が強く出ている。

上半身と下半身のフォルムや、手脚の長さはキングカメハメハ産駒のリオンディーズに似ている。

首は高いが走りはまずまずしなやかで、距離延長にも対応力がある。

トップスピードにいいものがあるが、上がりのかかるレースの方がいい。その点が影響して前でレースをしているよう。

スタミナが要求される条件であれば1600mにも対応できるかもしれないが、本質は中距離にあって2400mも問題ない。

朝日杯FSから素質を評価してきたが、父ルーラーシップは晩成タイプで、産駒もその特徴を受け継いでいる可能性が高い。

状態のよさや素質の高さから皐月賞では12番人気と評価は低かったが本命に推奨した。3着と好走したが、まだよくなる余地を残していた。

 

トリコロールブルー

若干丸みがありながらもやや薄手なつくりのシルエットなど、ミッキーロケットと体型が若干似ているが、両馬とも母の父がピヴォタルである点から、母方の影響が出ていると思われる。

ミッキーロケットも3歳春の時点で素質を評価したが完成度が低かった。

スプリングS時にこの馬にも同じ印象を受け、成長の余地を残しているとお伝えした。

距離は2000m以上も問題なく、2400mまでは十分対応可能。

 

エアウィンザー

エアスピネルの全弟であるが、父キングカメハメハの影響を感じさせるフォルムで骨格がしっかりしておりパワーにベクトルが傾いている。

兄の方がボリュームのある体型でマイラーであったが、こちらは中距離に適性がある。

中京、阪神の中距離戦などがベストの条件。

上がりの速いレースの適性は微妙で、ある程度前でのレースが合うはず。

 

ケントオー

父ダンスインザダーク、母の父トウカイテイオーという血統。手脚が長めのスラッとした体型をしているが、父母いずれの影響が出ているか不明。

肩の角度から距離に限界があると考えたが、馬体のボリュームがそれほどない点から短距離馬という評価は早計であった。

距離は1800m辺りが合いそうだが、決め手を生かすレースをすればもう少し長い距離に対応できそう。

 

ダッシングブレイズ

丸みを帯びた体型は父の母方に入っているリアファンの特徴が出ている可能性が高い。

2011年のマイルCSで2着と好走したフィフスペトルと体型が似ているが、リアファンの父ロベルトが母方に入っていた。

距離は1600mまでがいいと感じたが、そこまでスピードタイプではなく、1400mは忙しい印象があり、決め手を生かすレースができる点からも1800mまでは全く問題ないよう。

2000mも対応しておかしくはないがコースを選ぶ面がある。

 

マルターズアポジー

5歳秋を迎えてボリュームが増しており、マイラー色が強くなっているよう。距離は1600m1800mがベスト。

パワーに特化したつくりではないが、坂のあるコースも対応できるはず。

デビュー前の馬体写真を見ると、そこまで強調できず、別定戦の重賞では、展開や枠など外的な要因がなければ能力的に厳しいと感じた。

ただ、2017年の大阪杯時にデビュー後の馬体を初めて見た際、今後合う条件であれば別定戦の重賞で通用しえるように感じた。

勝利した小倉大賞典も内容のあるレースを見せている点からも今後も重賞で結果を残していくはずとお伝えしてきた。

 

マウントゴールド

偏った体型をしておらずコースは問わないタイプ。先行するレースで持ち味が生きる。

中距離に本質があり、スタミナが要求されない条件であれば2500mまでもっておかしくない。

重賞でも通用しえる素質を感じるが、ベストフィットする条件が少ないため結果を残しにくいかもしれない。

能力的な上積みがあればという感じだが、明けて6歳という年齢を考えると成長は難しいか。

 

ロードヴァンドール

デビュー前の馬体写真をみると、やや骨格がしっかりしており、父ダイワメジャーの影響が出ているよう。

心肺機能が高いつくりから、長い距離に適性を見せる可能性があると考えたが、それ以外のパーツを見ると1800mから2200mが合うか。

これまで重賞で通用する可能性はあるとお伝えしてきたが、安定して走ってきた。
 

京阪杯は「有料穴馬」でお届けした穴馬12番人気ナインテイルズが2着に激走!!

11月は毎週穴馬が走る結果に。

京阪杯 12番人気2着 ナインテイルズ
東京スポーツ杯2歳S 7番人気2着 アラガス
武蔵野S 7番人気2着 クインズサターン
デイリー杯2歳S 6番人気2着 メイショウショウブ
アルゼンチン共和国杯 11番人気3着 マコトガラハッド

波乱のレースになりそうな場合は無料メルマガとLINEでチャレンジカップの穴馬をお届けします。

-チャレンジカップ 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.