穴馬 予想

CBC賞 エプソムカップ 穴馬 考察のサンプル(1)

更新日:

ダービーと安田記念の一週前追い切り推奨馬は
エイシンフラッシュが優勝、スーパーホーネットが2着
今週の穴馬候補はコチラ↓
人気ブログランキングへ
順位は左サイドバーでご確認ください。
安田記念レース回顧とエプソムカップ穴馬の傾向は、後ほど「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方はコチラ)でお届けします。
PCの方はコチラ(←クリック)
今週も穴馬とその考察をお届けする予定。
下記は考察のサンプルです。
リーチザクラウン
「昨年から完成されるのは今年の秋ごろになるといってきたが、あまり成長がみられない印象だが、全体のバランスは良好で身体の柔らかさもあり、つなぎの長さなどをみても突出した武器を持っている馬。
腹のラインなどをみるとまずまず心肺機能は高く、前後肢のボリュームのバランスが均等で、基本的にはる前目の位置につけ、ある程度のペースで流れる競馬が合う。
ゆったりとしたつなぎや、手脚の長い薄手の馬体から瞬発力にも秀でており、最後に二の脚をつかうことも可能。
前走マイラーズCは[前哨戦のポイント]で解説したとおり、1週前から馬場状態がよく逃げ先行馬で有利であった点や瞬発力勝負となった点など追い風もあった。
距離は2000mから2400m位がベストで、馬体のボリュームなどからスピードの絶対値では劣るため、このレースの適性はやや低い。
能力である程度はカバーできるとは思うが、11秒台前半のラップで流れるようなレースとなれば、崩れる可能性もある点が最大の死角であると感じる。
とはいえ、馬場状態がよく先行有利となる可能性があり、今年のメンバーのレベルの低さを考えると、あっさり勝つ可能性もあり、しっかり印をまわしておきたい。」
エプソムカップとCBC賞の穴馬は「重賞激走穴馬!!」(←携帯も登録可能)でお届けする予定。
PCの方はコチラ(←クリック)
twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする
こちら↓もよろしくです!!順位が上がっていたらまた出走馬の考察を更新します。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.