穴馬 予想

競馬予想 京成杯 サンツェッペリン マイネルアナハイム 考察&馬体

更新日:

サンツェッペリン、マイネルアナハイムは似たタイプの馬体。昨年2着のトウショウシロッコのように先行して持続力を生かすのが向くタイプ。

パワーもあり坂があって直線が短い中山、そしてこの距離はうってつけである。

サンツェッペリンは前々走の敗因はスローペースだろう。瞬発力や貯め逃げで勝負するタイプではなく、平均以上のペースで先行し持続力を生かすのが合うはず。

前走、後方から競馬をして2着に入ったのは、ペースが速くなった事が要因だろう。

マイネルアナハイムは2勝ともゆっくりしたペースで早めに仕掛けてのもの。

大敗した2戦が外枠をひいている事から、内枠から先行しあまりペースが上がらない状態で、はやめに動くのが理想かもしれない。

そういう意味では逃げ馬が何頭いるかや、枠順などが鍵を握るのかもしれない。

しかしこの2頭とも毛ヅヤが今ひとつで、馬体のシャープさにも欠ける。状態次第では危険な人気馬にもなり得るので、パドックでのチェックは必要である。

PS 重賞レースは、時間が許すかぎりパドックリポートをお届けしています。

リクエスト等は 0220@goo.jp  ←こちらのアドレスまでメールでお願いします。

競馬関係の相互リンク、トラックバックもお待ちしております。

PS2 今週日曜3レースで今年イチオシのバンブーファルカンがデビューします。

調子に乗って応援ブログもつくってしまいました。

(あまり役にはたちませんので、全くおすすめはしません)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.