穴馬 予想

競馬予想 日経新春杯 考察&馬体

更新日:

日経新春杯はサンデー産駒があまり活躍していないレース。優勝はステイゴールド1頭のみ。

これは舞台となる京都の2400mが持続する脚を求められるコースであるからでしょう。

サンデーサイレンス産駒が弱いレースとされてきた秋華賞も3コーナーから長くいい脚を求められたり、消耗戦になったりという傾向があります。

昨年はキレのあるタイプのスウィフトカレントが2着に入りましたが、54キロという重量に助けられた感が強いです。

今年も同じキレのあるタイプのサンデー産駒のメイショウオウテが出走予定。

前走の鳴尾記念で先行馬がかなり有利な馬場で33秒2の脚をつかい、最後方から5着まで追い上げ、今回人気になるでしょうが、重量で恵まれないかぎり少し嫌いたいです。

まだ筋肉がつききってない点で、今後伸びてくる可能性はあります。

同じサンデー産駒なら、トウカイテイオーの弟トウカイエリートの方が後肢を含め、全体的にパワーを感じ、仕上がりも良好。

アドマイヤフジはキレよりも持続性を感じさせ、昨年優勝しているようにレース条件は合うでしょう。

しかしまだ昨年程の出来にはなく、もう少しメリハリが欲しいです。

オースミグラスワンは、脚や胴の長さをみると、跳びが大きく広いコースに強そうな感じ。

状態は良さそうですが、腹のラインから丸みが消え、シャープになっていたら買いたい1頭です。

クリック協力お願いします。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.