競馬 予想

AJC杯 競馬予想の前に馬体診断 シベリアンホーク、ジャリスコライト、シルクネクサス

更新日:

 (京成杯AH前の写真から)シベリアンホークは肩の角度、胴の長さから距離適性は1600m近辺。

 前後肢のバランス、全体のフォルムから坂持続力を生かした前目の競馬の方が向き、坂も歓迎だろう。

 一番目についたのは蹄の大きさで、重馬場の鬼かもしれない。実際に稍重、重馬場で3戦3勝である。

 ジャリスコライトはダービー以来。

 全体的に筋肉がつき、長期休養させた効果が出ている。

 2、3歳時は後肢の筋肉などが薄かったため、坂のあるコースでは狙いづらかったが、今なら問題ないだろう。

 潜在能力は高い。肩の角度や胴の長さなどから、2000m前後が合い、脚質的にも自在性があるはず。

 
 (ラジオたんぱ賞前の写真から)シルクネクサスは前後肢の筋肉のつき方や全体のラインなどからはコースや坂、脚質などに注文がつかないタイプにみえる。

 ベストは直線の長いコースで終いの脚を生かす競馬で、肩の角度や胴の長さから1800m位の距離。

 重馬場は向く可能性がある。

 過去に朝日杯FSで重い印をうった。

 前走の寿ステークスを+14キロ、8番人気で勝っている。本格化の可能性も。

 PS AJC杯、各馬の状態や推奨馬、「至高のデータ」については有料メルマガの試験配信でお届けします。

 試験配信と最初の1ヶ月は無料なので、よかったら試してみて下さい。

「今週1番輝いてる馬」←クリック

(1ヶ月1050円 2月配信開始)

 好馬体の馬、至高の重賞データなど競馬予想に加え、今年のPOGに向けて、選りすぐりの好馬体の2歳馬も随時ご紹介していきます。

 大穴予想無料メルマガはこちら。クリックして入力はメアドだけ。

大穴予想←クリック

「競馬予想 馬体は嘘をつかない」←トップページへはこちらから

インティライミ インテレット エアセレソン グラスポジション 馬体

京成杯&日経新春杯 回顧

日経新春杯 大穴の法則

日経新春杯 人気で来る馬、消える馬の法則

日経新春杯 各馬の馬体解説

サンツェッペリン 馬体解説

メイショウレガーロ 馬体解説

アルナスライン 馬体解説

競馬サーチ.com

にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング 競馬ニンキブログ ランキングジャパン

 元祖メルマガはこちら。クリックして入力はメアドだけ。

クリック→メルマガ版「競馬予想 馬体は嘘をつかない」

 携帯メルマガ版「競馬予想 馬体は嘘をつかない」もあります。
「ミニまぐ」のページで「馬体は嘘をつかない」と検索。入力はメアドだけ。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.