愛知杯 予想 穴馬 予想

愛知杯 2021 予想 穴馬の特徴と穴馬候補

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

調教推奨馬に関してはLINEをご覧ください。

波乱がありそうなレースで、無料メルマガ(←クリック)とLINEで無料穴馬をお届けしています。

今回は有料メルマガ「競馬予想 馬体診断&重賞データ」でお届けした2021年愛知杯の穴馬の特徴の一部と愛知杯人気薄出走馬の買い材料をお届けします。

愛知杯の予想の参考となれば幸いです。

YouTubeでも情報を更新しました。

 

愛知杯 2021 人気薄の買い材料

サトノダムゼル:直線が長いコースの2000mは合う。前でレースが出来る点から、スローペースになった場合でも脚を余すリスクが少ない点も好材料。

レッドアステル:コースはさして選ばないが、2000mは守備範囲。馬場状態を考えても先行出来る点はプラスになりえる。

カセドラルベル:3走前に3勝クラスを勝った際は楽な展開ではなかった。近2走はさすがに体重が増えており余裕残しがあったと思われる。絞れていればパフォーマンスを上げる可能性がある。

ドナウデルタ:馬体を見返すと、胴の長さに対して重心が低すぎる点がよくない。ただ、それでも馬体を見る限り重賞でバリバリやれるだけの素質がある。

サトノガーネット:上半身に体高があるつくりは決め手に優れたディープインパクト産駒の特徴で、脚質的な面からも距離の融通性があり、1800m以上の距離が合うと考えるべき。条件は合う。

アブレイズ:53キロ(4歳以上換算54キロ)であれば、展開次第では巻き返しの可能性はなくはない。

ムジカ:オープンレベルの能力はあり、明け4歳で51キロ(4歳以上換算52キロ)であれば。

デンコウアンジュ:福島記念では牝馬で56キロを背負いながら4着と差のないレースをしており侮りがたい。週末は天候があまりよくない予報であったが、道悪の場合は注意が必要となる。

 

愛知杯 穴馬の特徴

2019年愛知杯:8番人気1着ワンブレスアウェイ

穴馬推奨。前々走はOP特別で3着と悪くないレースをしており、前有利の流れで脚を余していたことを考えると内容のあるレースであった。

 

2018年愛知杯11番人気2着レイホーロマンス

1000万条件からの参戦で、前走は辛勝であったが、速いペースを先行して押し切る強い内容を見せていた。

 

2017年愛知杯10番人気2着サンソヴール

本命推奨。1800m以下の距離をつかわれていたが、胴がやや長めで、それほどボリュームのない体型からマイルよりも中距離の方が合った。

 

2016年愛知杯8番人気1着バウンスシャッセ

パワータイプで坂のあるコースが合い、ペースが上がって決め手が要求される流れ、タフな条件となったことが追い風に。

-愛知杯 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.