競馬 予想

NHKマイルカップ 超穴馬 現在14番人気

更新日:

[調教推奨馬]

サダムイダテン    S-  弾むようなフットワークで上々の動き。
ゴスホークケン     S- 元来調教駆けするタイプなのかもしれないが、前走時の動きもよかった。
前走は結果が出ず陣営のコメントからはオーバーワークであったとのこと。
今週はややセーブした印象だが、先週の動きは全身を使いスピード感、迫力ともに申し分なし。

サトノプログレス    A+ 力強い動きで上々の内容。一週前に仕上がっている感あり。調教の動きだけ見るなら前走よりも上昇している。
アポロフェニックス  A+ 全身を上手く使い、勢いもまずまず。状態はいい。

穴馬にはドリームシグナルを指名!!

※ 下記は朝日杯FS時の評価。
「馬体は全体的に窮屈な部分はないが、腹のラインや胴の短さから距離はスプリントの方が合いそう。

皮膚の薄さは特筆もので、最大の長所。無駄な肉もつかず、今回状態はかなりよさそう。

同じ父をもつ、ヤマニンキングリーに比べて、このレースの適性も高そうで、かなり面白い存在。」

※ 下記はシンザン記念時の考察

「前走時は若干腹のラインがフックラしていたためスプリンターという印象を受けたが、全体的に窮屈な部分がなく、肩の角度などから1600mは守備範囲。

スラッとした馬体で、父同様広いコースの方が合い、中山のマイルから京都のマイルに変わる点はプラス材料。

前走時に比べ、腹を中心に全体のラインがさらに引き締まり、メリハリが出た印象。

くわえて調教も前走の動きはまずまずといったところだったが、今回は動きがなかなか鋭く上昇ムード。

G2くらいであれば手に届く能力の持ち主で、状態やレース適性などから大きく崩れる可能性は低く、本命に推す。」

※ 下記はスプリングS時の考察

「シンザン記念は本命に推したが、キレを生かすタイプで、レース適性を評価してのもの。

今回、中山に変わったがあまり坂のあるコースや直線の短いコースは合わないように感じる。

距離延長は微妙だが、能力は高く、差して届かずという競馬になる可能性もあるが、抑えたい1頭だが取捨が難しい。」

前走、前々走ともに参考外。キレの生かせる東京のコースに変わる点は大きなプラス。

加えて距離も短縮され、この条件は当馬にとって最も力を出せる条件。

父アグネスデジタルも馬場悪化時に結果を残している点もプラス。

穴で非常に面白い馬。

無料メルマガでは馬体診断をもとに上記の穴馬や重賞の穴馬データをお届けしています。
NHKマイルカップもいい穴馬がみつかり次第お届けします。

馬体は嘘をつかない(←クリック)
有馬記念は推奨穴馬の9番人気マツリダゴッホが優勝!!

「競馬予想 馬体診断&競馬、重賞データで予想」←トップページへはこちらから

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.