競馬 予想

2重賞的中!!回収率は900%

投稿日:

一日一回、競馬ブログランキングのクリックのご協力をお願いします。

順位が上がっていれば、また情報を更新していきます。

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は、東京新聞杯△◎★で馬連4690円7点的中。きさらぎ賞は◎▲△で馬連700円2点的中という結果。

東京新聞杯は11番人気3着マイネルアウラートを自信の穴馬に推奨して3連複の軸に推したものの、点数を抑えたため7万馬券をとり逃し、うれしさも半分といったところ。

ただ、東京新聞杯は馬連7点と点数は多くなったものの、高配当の組み合わせが多く、回収率は払戻均等で約900%ありました。きさらぎ賞は回収率約450%という結果。

[推奨馬]

◎ エキストラエンド
○ ダノンプラチナ
▲ グランシルク
▲ トーセンスターダム
△ スマートレイアー
× ダイワリベラル
☆ テイエムタイホー
★ マイネルアウラート

基本は馬連
◎→○ 本線1点
◎→▲▲△×☆★ 穴6点

先週、先週と前残りとなり、本命に推したベルーフが除外となった中山金杯などもありましたが、それらを除けば、今年は内容のある予想が出来ていると思います。

東京新聞杯 △◎★ 馬連4690円7点的中 11番人気3着マイネルアウラート・自信の穴馬推奨
きさらぎ賞 ◎▲△ 馬連700円2点的中
日経新春杯 △◎
京成杯 1着▲3着◎
フェアリーS ★◎☆ 10番人気2着ダイワドレッサー・本命推奨 馬連5600円8点的中
シンザン記念 8番人気1着ロジクライ・自信の穴馬推奨

下記は有料メルマガでお届けした考察の抜粋です。今後の参考となれば幸いです。

サトノダイヤモンド

胴が長くややボリュームのある体型など全体のフォルムは、同じディープインパクト産駒であるトーセンスターダムに似ている。ただ、トーセンスターダムの方がスピードタイプに出ている。この馬の方が末脚の破壊力という点では上のはず。

その点からトーセンスターダムよりは結果を残せると感じる。決め手を生かすレースをすれば2400mまではこなせるか。近年、きさらぎ賞はレベルが下がってきており、今年も出走頭数が少ないが、能力的には一歩リードしている。

状態に関しても特別いいというわけではないが、馬体の張りなど申し分なく、力を出せる出来にある。距離、コースともに合い、結果を残す可能性はかなり高い。枠や展開的なまぎれがなければ勝利に近い存在。

ロイカバード

母アゼリは米G1レースを11勝した名牝で、父ディープインパクトという超良血。馬体のボリュームがある点などは同じ父の産駒であるヴァンセンヌと似ている。2000mのレースでも結果を残しているが、今後はマイル戦などで結果を残す可能性もある。

馬体を見る限り、確実に重賞を勝てるというように見えない。前走福寿草特別を勝っているが、やや物足りない感はある。

状態に関しては申し分なく、コースが変わる点も好材料で、条件は悪くない。そして、何より出走馬のレベルがそれほど高くない点から結果を残す可能性はあるが、血統から過剰な人気になっているように感じる。

マイネルアウラート

デビュー前の馬体写真を見ると、重賞でもやれると感じた。ただ、体型の割にフットワークが小さく、身体の使い方に問題があると感じる。

距離は1600m以下が合うが、フットワークの面から、スタミナが要求されるコースの1600mは微妙な感もある。

前々走の1600万条件で2着に0秒4差をつけて勝利しているが、まだ能力的に底は見せていない。馬体を見る限りオープンではやれ、重賞で通用してもおかしくない。

前走阪神カップは、ロサギガンティア、ダンスディレクター、ビッグアーサーなど、相手がかなり骨っぽかったが、今回も例年と比較してもレベルが高い出走馬が揃っている。

そのため、厳しいレースになる可能性はあるが、ペースが落ち着きそうで、前でのレースが有利になりえる。展開の恩恵がないと厳しいだろうが、人気がないと思われ、しっかりと印をまわしておきたい。

無料メルマガでは、重賞レースの穴馬など、有料メルマガの情報を一部お届けしています。

登録はこちらのサイト(←クリック)をご覧ください。

上記サイトが文字化けしている場合は、下記アドレスへ空メールを送信ください。

bataisshinndan☆gmail.com ←☆を小文字の@に変えて下さい。

メッセージが自動返信されます。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.