競馬 予想

2けた人気穴馬カポーティスター、オーシャンブルー、クロフネサプライズ激走

更新日:

メインレースの穴馬を人気ブログランキング(←コチラ)へ更新。

京成杯は推奨馬9番人気ケイアイチョウサンが3着に激走!!


重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬」(←PCの方)「重賞激走穴馬」(←携帯の方)でお届けしています。

日経新春杯は10番人気カポーティースターが勝利!!

有馬記念は10番人気オーシャンブルーが2着に、阪神JF15番人気クロフネサプライズが2着に激走!!

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬

日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック
アルテミスS 7番人気3着 ウインプリメーラ
菊花賞 7番人気3着 ユウキソルジャー
京都大賞典 5番人気1着 メイショウカンパク
スプリンターズS 9番人気3着 ドリームバレンチノ
新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ

ツイッターにて多くの無料メルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しました。ありがとうございます。

Twitter(←アカウント)では競馬情報などを呟いています。お気軽にフォロー下さい。フォローをお返ししています。

※ 下記は無料メルマガでお届けした考察

日経新春杯は現在11番人気のロードオブザリングを穴馬に推す。

馬体を見ると、能力的には間違いなく重賞を勝てるだけの素質を持っている。

距離に関しては微妙な部分があるが、決め手を生かすレースをすれば誤魔化すことも可能。

偏りのないタイプで、距離やコースに柔軟性がある。

前々走は約4か月ぶりのレースであったが、レースをつかわれ、状態を上げている可能性がある。

距離や後方からのレースは微妙も、能力は高いため、侮ることが出来ない。

また、52キロで出走できるカポーティースターも人気がなければ、買う価値がある。

前走で1000万条件の北野特別を勝ったばかりであるが、内容のあるレースをみせている。

流れが向けば好走の可能性がある。こちらも10番人気と評価が低く、面白い1頭。

いずれも馬連や3連複のヒモなどにくわえてみたい。

※ 下記は無料メルマガでお届けした考察

オーシャンブルーも面白い1頭。

全体のボリュームや骨格は父より、母方の特徴が出ていると思われるが、この条件は合う。

現役の馬では全体的なボリュームや、若干アンバランスな体型から、トーセンジョーダンと共通点がある。

前走はそれほど時計面で目立ったものがなかったが、前々走アルゼンチン共和国杯はペースが落ち着いており、後方からレースをして脚を余していた。

それを除けば底をみせておらず、出来のよさから面白い馬で、買う価値のある1頭。

馬連や3連複のヒモなどで狙ってみたい。

※ 下記は無料メルマガでお届けした考察

阪神JFは距離に不安があるため、複勝などは避けた方がいいが、クロフネサプライズを3連複のヒモなどで狙ってみたい。

コースは問わないタイプで、差すレースも出来るはずだが、前目の位置でレースをしているのは気性的なものも影響しているよう。

距離延長に疑問を感じたが、馬体を見返してみると、ごつさや窮屈な部分がなく単純なスプリンターという感じではない。

状態面も申し分なく、馬体に窮屈な部分がなく、マイルまではこなしてもいい。

展開は厳しいかもしれないが、能力の高さ、そして何よりも現在13番人気というオッズから駄目もとで狙ってみたい1頭。

晩成傾向のある馬で完成度は微妙も、素質は出走馬の中でも上位にある。

もうひとつの無料メルマガでは、穴馬の特徴や調教考察などの情報をお届けしています。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

[PR]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
取捨が難解な1月競馬も最強の関西馬情報で獲りました!
シンザン記念⇒相手は9人気の超伏兵!3連単2万9880円的中
京都金杯⇒相手は6人気のトライアンフマーチ!馬連2150円的中
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年⇒公言通りに確信◎ロードカナロアから大本線で仕留めた!
【第18回 シルクロードS(GIII)⇒◎-○1点勝負】

<今年ココをステップに出世街道を駆け上がるのは他でもないアノ馬!>
昨年、ロードカナロアがココをステップに高松宮記念3着→スプリンターズS1着→香港スプリント1着と世界を股に掛けるスプリンターに出世した事で例年以
上に注目を集めている同レース。今年は、桂川S(準OP)→淀短距離S(OP)と現在2連勝中のアイラブリリ、重賞で[2][3]着した実績のあるサドン
ストームが注目を集めそうだが、傑出馬不在とあってどの陣営も色気を覗かせているのは言うまでもない。

今年当社が注目しているのは「鬼の居ぬ間にではないけど、高松宮記念に確実に出走出来るように賞金を加算したい」と前哨戦のココを目標に仕上げを施されて
いる◎。さらに「ココが試金石だろうね」と表向きには胸を借りる立場を強調しているが、「当初は使う予定はなかったけど、相手関係を見て使う事を決めたん
だ」と勝算あっての参戦である事を隠している某陣営の存在も入手済み。

栗東トレセン発!2頭で決まれば想定回収率1000%以上の馬連◎-○1点勝負は天候、馬場状態を見極めた上でレース当日14時にメールにて無料配信するのでお楽しみに!

→→想定回収率1000%以上!◎-○1点勝負馬券を無料で入手する←←

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.