競馬 予想

鳴尾記念 2017 穴馬

投稿日:

鳴尾記念穴馬、安田記念の穴馬候補を競馬 ブログランキング(←現在90位くらい)の紹介文へ更新。

LINEでも特別な情報をお届けします。

 

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。送信頂いた方へ心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

青葉賞 8番人気3着 アドマイヤウイナー ←的中報告を送って頂いた方へ送信
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ ←有料旧読者へ送信
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
共同通信杯 6番人気2着 エトルディーニュ ←有料旧読者へ送信
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

 

先週の日本ダービーはルメール騎手の鮮やかな騎乗によりレイデオロが勝利。

勝ったレイデオロは超スローペースを察知した鞍上の判断が功を奏し、展開の恩恵が生まれ、能力的な面でもスタミナの面においても走破時計が遅いレースとなったことが追い風になった感がありました。

上がりの速いレースの適性では2着スワーヴリチャード、3着アドミラブルに劣り、よーいどんのレースとなっていれば後れをとっていた可能性は高く、馬体を見る限り先行するレースの方が合うため、早めの仕掛けが様々な点でプラスに作用したでしょう。

一方敗れたアドミラブルは鞍上が、レイデオロがポジションを上げた時についていくと外の外を通ることになるというコメントを残しているが、陣営はレイデオロについていくことを望んでいたよう。

それらのコメントから、強気のレースが出来なかったのではなくやらなかったという感があり、ダービーの重圧が消極的なレースにつながったとみるべきか。

その点からも3歳世代の頂点を決めるレースの明暗を分けた最大のポイントは鞍上の判断と意思の強さであったことは間違いないように感じます。

今回は鳴尾記念の穴馬をお届けします。

 

[鳴尾記念 穴馬]

鳴尾記念の穴馬を競馬 ブログランキング(←現在90位くらい)の紹介文へ更新。

父の父はかなりパワーにベクトルが傾いており、産駒もそういったタイプの馬が多いが、この馬の父は比較的スラッとした体型をしている。

腹のラインなどは父系の特徴を受け継いでいたが、母方のサンデーサイレンスの影響もあったものと思われる。

全体のフォルムや、やや首が高い点、後肢の薄さ、腹のラインなど当馬も父によく似た体型をしており、それほどコースを問わないタイプ。距離は2000m近辺がベストの条件。

父も晩成であったため何時になるか分からないが、共同通信杯時に重賞を勝てるだけの素質はあるとお伝えした。

その後2度人気薄で好走した際も自信の穴馬に推奨したが、馬体を見る限り今後も重賞でやれるだけの能力はある。

近走短い距離で結果が出ていないが距離延長が好材料で阪神も合い、過去の好走馬と体型が符合する。

今回はそれほど強いメンバーではないため通用してもおかしくはない。

 

穴馬と危険な人気馬の情報は、週の半ばにもうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

 

-競馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.