競馬 予想

阪神JF 穴馬の特徴は?

投稿日:

先週の有料メルマガはチャンピオンズカップで9番人気ロワジャルダンを本命に、10番人気アスカノロマンを自信の穴馬に推して馬連の軸とするも、アスカノロマンが3着という結果。

ハイペースで推移し、最後に差されて的中を逃す結果に。

※ 下記は有料メルマガでお届けした考察の一部

アスカノロマン

手脚や胴の長い体型は父アグネスデジタルの特徴が出ている。

父はご存知の通り、芝のG1レースを5勝しているが、この馬は芝で3戦して4着が最高の着順で結果を残すことが出来ていない。母方のタバスコキャット、デピュティミニスターという血統から、ダート専門になる可能性はある。

スピードの持続力が要求されるレースの方がいいつくりをしているため、直線が長いコースよりも短いコースで押し切るレースが合う。

坂のあるコースよりも平坦コースの方がよく、地方よりも中央の方が比較的合う。距離は1600m以上の距離に適性がり、2000m2200mも問題ないはず。ベストの条件は京都の1800mなどか。

3歳時からスケールの大きさを感じさせたが、父もよくなったのは3歳秋以降で、この馬もやはり晩成傾向がある。以前から能力を評価してきたが、昨年の暮れから安定して走っており、本格化していると考えていい。

3走前の帝王賞で崩れているが、レースをつかわれ続けて消耗があったのかもしれない。今回、前走時と馬体を比較すると、前走はのっぺりした印象があった。

そこまで毛ヅヤがよくないが、勝利した東海Sも似た印象で問題ない。前走からパフォーマンスを上げる可能性があり、近走の凡走から人気が落ちていれば買う価値のある馬。

ジャパンカップも本命に推して馬連の軸としたサウンズオブアースがしっかりと2着まできてくれましたが、こちらは逆にスローペースに泣かされる結果に。

払い戻し均等で振り分けると回収率は約800%ほどあり、ジャパンカップや人気薄の馬(8番人気3着カイザーバル)を本命にしてすんで的中を逃した秋華賞なども、きたらでかかったのですが、この秋のG1は展開が嵌らずかなり勝負弱い結果となっています。

今週からの2歳G1は馬体面から能力判定が非常に有効でありますが、懲りずに人気薄の馬を狙っていきたいと思います。

阪神JF
2013年 ◎○★ 馬連1240円3点、3連複6220円本線3点的中 8番人気3着フォーエバーモア・自信の穴馬推奨
2012年 ▲☆★ 3連複490320円19点的中!!!15番人気2着クロフネサプライズ・穴馬推奨 10番人気3着レッドセシリア・自信の穴馬推奨
2011年 ◎ジョワドヴィーヴル 単勝680円勝負馬券的中
2010年 ◎△
2008年 ○◎ 馬連1090円本線2点的中

朝日杯FS
2015年 1着△3着★ 11番人気3着シャドウアプローチ・自信の穴馬推奨
2011年 ◎☆ 単勝310円 馬連1520円3点的中
2008年 ×○◎中
2007年 10番人気2着レッツゴーキリシマ・自信の穴馬推奨

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方から頂戴した的中報告(←こちら)を頂戴しています。

※ 下記は有料メルマガでお届けした考察の一部

アスカノロマン

手脚や胴の長い体型は父アグネスデジタルの特徴が出ている。

父はご存知の通り、芝のG1レースを5勝しているが、この馬は芝で3戦して4着が最高の着順で結果を残すことが出来ていない。母方のタバスコキャット、デピュティミニスターという血統から、ダート専門になる可能性はある。

スピードの持続力が要求されるレースの方がいいつくりをしているため、直線が長いコースよりも短いコースで押し切るレースが合う。

坂のあるコースよりも平坦コースの方がよく、地方よりも中央の方が比較的合う。距離は1600m以上の距離に適性がり、2000m2200mも問題ないはず。ベストの条件は京都の1800mなどか。

3歳時からスケールの大きさを感じさせたが、父もよくなったのは3歳秋以降で、この馬もやはり晩成傾向がある。以前から能力を評価してきたが、昨年の暮れから安定して走っており、本格化していると考えていい。

3走前の帝王賞で崩れているが、レースをつかわれ続けて消耗があったのかもしれない。今回、前走時と馬体を比較すると、前走はのっぺりした印象があった。

そこまで毛ヅヤがよくないが、勝利した東海Sも似た印象で問題ない。前走からパフォーマンスを上げる可能性があり、近走の凡走から人気が落ちていれば買う価値のある馬。

ジャパンカップも本命に推して馬連の軸としたサウンズオブアースがしっかりと2着まできてくれましたが、こちらは逆にスローペースに泣かされる結果に。

払い戻し均等で振り分けると回収率は約800%ほどあり、ジャパンカップや人気薄の馬(8番人気3着カイザーバル)を本命にしてすんで的中を逃した秋華賞なども、きたらでかかったのですが、この秋のG1は展開が嵌らずかなり勝負弱い結果となっています。

今週からの2歳G1は馬体面から能力判定が非常に有効でありますが、懲りずに人気薄の馬を狙っていきたいと思います。

阪神JF
2013年 ◎○★ 馬連1240円3点、3連複6220円本線3点的中 8番人気3着フォーエバーモア・自信の穴馬推奨
2012年 ▲☆★ 3連複490320円19点的中!!!15番人気2着クロフネサプライズ・穴馬推奨 10番人気3着レッドセシリア・自信の穴馬推奨
2011年 ◎ジョワドヴィーヴル 単勝680円勝負馬券的中
2010年 ◎△
2008年 ○◎ 馬連1090円本線2点的中

朝日杯FS
2015年 1着△3着★ 11番人気3着シャドウアプローチ・自信の穴馬推奨
2011年 ◎☆ 単勝310円 馬連1520円3点的中
2008年 ×○◎中
2007年 10番人気2着レッツゴーキリシマ・自信の穴馬推奨

[阪神JF 穴馬好走要因]

2015年10番人気2着ウインファビュラス:新潟2歳Sで先行して2着と内容のあるレースをしていた。その際、勝ち馬に4馬身差をつけられていたが、勝ったロードクエストはスケールが大きかった。前走アルテミスSは2か月ぶりのレースで、たたかれた上積みがあった。

2013年8番人気3着フォーエバーモア:有料メルマガで自信の穴馬推奨。素質が高く、体調のよさがうかがえたため推奨。距離、コースともに合った。

2012年15番人気2着クロフネサプライズ:有料メルマガで穴馬推奨。1400m以下の距離で結果を残しており、距離が懸念され人気が落ちていたようだが、馬体を見る限りスプリンターという感じではなく、能力も高かったため推奨。外回りコースも問題なかった。

2012年10番人気3着レッドセシリア:有料メルマガで自信の穴馬推奨。馬体のバランスは良好で重賞でも充分通用するものを持っており、体重が420キロだいと小柄であるがパワーを兼ね備えているため坂のある阪神も問題なかった。距離は2000mまでは充分もつ馬で条件が合ったことが最大の好走要因。

2011年8番人気2着アイムユアーズ:前走G3のファンタジーSを勝利しており、前々走函館2歳Sでも2着と好走していたが、距離延長が嫌われたよう。2000mまでは対応出来る馬で、前でレースをして前半48秒0、後半46秒9というスローペースも追い風に。

2010年8番人気3着ライステラス: 1400mまでしか実績がなかったが、父は菊花賞馬ソングオブインドという血統。前走は先行するも苦しいレースとなったが、逆にこのレースでは前半800m48秒5とペースが落ち着き、展開の恩恵を受ける形に。

2007年8番人気2着レーヴダムール:前半800m46秒2とかなりのハイペースで推移しており、スタミナが要求される流れに、デビュー戦も速い上がりをマークしていたが、展開が向いた。

2005年阪神JF8番人気1着テイエムプリキュア:2戦2勝と底みせていなかったが、1200m1400mでの勝利で距離延長が嫌われていたか。その後も降雨があったレースで好走しており、雨も追い風に。

2005年阪神JF9番人気2着シークレットコード:中盤のラップが緩み、人気上位の馬が後方からレースをすすめていたが不発。デビュー戦から18キロ体重が減っており、上積みもあったよう。

もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)では重賞レースの考察や穴馬の特徴など、予想に役立つ情報をお届けしています。

-競馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.