競馬 予想

阪神JF 予想 展望と考察 穴馬は?

更新日:

レポートプレゼントも企画しております。
1日1回クリックのご協力、よろしくお願い申し上げます。
人気ブログランキング

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←1ヶ月購読サービスやっています。)

今年のG1も残り3戦。今週は阪神JF。
一昨年はまだ4番人気と無名に近かったウオッカを本命に抜擢した思い入れのあるこのレース。
昨年もトールポピーがここを勝ち、翌年のオークス制覇に結びつけた。
朝日杯FSがまぎれがあるコースで行われ、実力馬の参戦も少ないレースであるため、翌年のクラシックとは結びつかないが、阪神JFは、一昨年に阪神競馬場が改装されて1600mが外回りに変わったため、実力が求められるレースに生まれ変わった。
そのため、よりクラシックに結びつくレースとなり、メンバーをみると今年もなかなか潜在能力の高そうな馬が揃って、来年の桜花賞矢オークスにつながる一戦になるのではないかと感じる。

昨年一昨年と、黄菊賞をステップにした馬が阪神JFで優勝しているが、昨年のトールポピー、一昨年のウオッカともに2着に敗れている。
しかし今年はジェルミナルが牡馬を退けており、測ったように差しきり、着差以上の強さを感じさせた。血統からも人気が予想される。

2008.11.16 黄菊賞 ジェルミナル

次いで人気を集めそうなのが、ジェルミナルと同じアグネスタキオンを父にもつダノンベルベール。
前走赤松賞はなかなか迫力のある末脚で完勝であった。

2008.11.16 赤松賞 ダノンベルベール

実績の面で最も優秀なのはデグラーティア。
3戦3勝で重賞勝利もある。

2008年 小倉2歳S(G3) デグラーティア

ファンタジーSからは上位3頭が参戦。
しかし過去ファンタジーSの勝ち馬は、2006年のアストンマーチャン、20002年のピースオブワールドが連対を果たしているが、オディール、アルーリングボイス、ラインクラフト、スイープトウショウ、キタサンヒボタンなどが、1番人気を裏切っている。
これはレースのポイントにもなり、なぜそういった結果になるか考察する必要がある。

2008.11.09 ファンタジーS イナズマアマリリス

まぎれのないコースであるだけに基本的に実力馬が信頼できるが、昨年は8番人気のレーヴダムールが2着にきている。
阪神JFの過去の結果をみると、人気薄で走る馬にはある傾向がみられる。
穴馬にもつながると思うので、週末までに無料メルマガ「G1レース専門情報」(←クリック)でお届けしたい。

このレースで結果を出せば、来年のクラシックの趨勢がきまると感じる馬がおり、有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では、上記の疑問などを考察して馬券に直結するデータとともにお届けしたい。

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←1ヶ月購読サービスやっています。)

クリックの応援よろしくお願いいたします↓
人気ブログランキング
順位が上がっていれば有料メルマガの情報も少し配信します!!

重賞穴馬 馬体診断で穴馬予想←トップページへはこちらから

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.