競馬 予想

阪神大賞典 ○◎ 馬連本線1点的中!!

更新日:

有料メルマガでは馬体診断で推奨馬や穴馬、馬券に直結する重賞データをお届けしています。
「馬体診断&重賞データ」(←コチラ)
なお、G1レースの穴馬や情報は有料メルマガでのみお届けしております。
特典レポートではメール20通で予想の方法、危険な人気馬や穴馬の見つけ方や、勝負レースの選定方法などを丁寧に解説しています。
※ 下記は配信でお届けした考察の一部。配信ではさらに出走馬の詳細な考察やデータ、前走の分析などもお届けしています。
[今週の調教推奨馬]でも触れたとおり走りに違和感があったが、トーセンジョーダンが回避。
[前哨戦のポイント]で触れたとおり、コスモメドウは前走の内容からA級のステイヤーである可能性が高い。
父がキングマンボ系のキングズベスト、母の父がサドラーズウェルズと道悪は問題ないと思われ、56キロも有利であるため本命に推す。
オウケンブルースリは近走で敗れ続けるも、状態が戻っておらず、状態が上昇しているかがポイントとなる。
やはり能力は最上位でまともであれば勝つ可能性は高いものの道悪はいまひとつの馬で58キロを背負うこともあり、オッズに見合わない。
ナムラクレセントは気性的な難しさがあるが、持続力に傾いた馬で阪神も合う。
前走日経新春杯はレースの適性が合わない点、前々走中日新聞杯は後手を踏んだことが敗因で、調教の内容からも押さえる。
キタサンアミーゴは馬体写真がないことからも取捨が難しい1頭であるが、近走の内容から押さえておきたい。
トウカイトリックは血統的に道悪は問題ないと思われるが、58キロがマイナス材料となる。
エクセルサスはデビュー前の馬体写真をみると、距離が延びていい馬で体型をみる限り3000mはむしろ歓迎材料。
父スペシャルウィークの影響が強いと思われ、東京や京都外回りコースの方が合う馬で、瞬発力タイプのステイヤーに出ているため道悪がどうかという点はある。
ただ、前走御堂筋Sは2着に敗れているものの条件が変更された過去5年最速の時計で、ラップも締まってなかなかレベルが高く、現在7番人気と評価も低いため穴で狙ってみたい。
また、もう1頭現在5番人気のゲシュタルトも調教の内容がよく能力が高いため穴馬で。
[推奨馬]
◎ コスモメドウ
○ ナムラクレセント
▲ キタサンアミーゴ
☆ エクセルサス
★ ゲシュタルト
馬連
◎→○ 本線1点
◎→★ 穴1点
「馬体診断&重賞データ」(←コチラ)
※ ★印は有料メルマガでのみお届けした穴馬。
共同通信杯 6番人気2着 ユニバーサルバンク
きさらぎ賞 8番人気2着 リキサンマックス
東京新聞杯 7番人気2着 キングストリート
JCダート 11番人気3着 アドマイヤスバル ★
ステイヤーズS 5番人気1着 コスモヘレノス
ジャパンカップ 8番人気3着 ヴィクトワールピサ ★
マイルCS 6番人気3着 ゴールスキー ★
武蔵野S 9番人気3着 ブラボーデイジー
スワンS 9番人気2着 ショウナンアルバ
毎日王冠 9番人気3着 ネヴァブション
スプリンターズS 7番人気3着 サンカルロ ★
神戸新聞杯 6番人気3着 ビッグウィーク ★
オールカマー6番人気3着 トウショウシロッコ
ローズS 6番人気2着 ワイルドラズベリー ★
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
キーンランドC 6番人気2着 ジェイケイセラヴィ ★
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
アイビスSD 16番人気3着 マルブツイースター ★

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.