競馬 予想

阪神カップ 穴馬と人気薄で馬券に絡んだ馬

更新日:

また有益な情報をお届けしていきますので、人気ブログランキングのクリックへご協力をお願いいたします。
人気ブログランキング←阪神カップ穴馬
もう1頭の穴馬と考察は無料メルマガで土曜日の朝、配信する予定です。
ねつ造はありません。バックナンバーでご確認頂けます。
ジャパンカップ14番人気ジャガーメイルに続き、ステイヤーズSは6番人気イグアスが2着に。
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
アルゼンチン共和国杯8番人気3着カワキタコマンド、シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走!!
過去の阪神カップで、人気薄で馬券に絡んだ馬の好走要因をみると下記のよう。
2010年15番人気3着マイネルフォーグ:馬券に絡む際はほとんどが人気薄でムラ駆けする馬。ペースが落ち着きながらレースレコードという馬場状態で先行した点が最大の好走の要因。
2010年5番人気2着レッドスパーダ:2月以来のレースも実力は高く、オープンのレースで連勝中と芝で底をみせていなかった。+4キロと太めもなく、逃げたがスローペースも追い風。
2009年7番人気2着プレミアムボックス:前半600m33秒7とかなり速い流れとなり決め手が生きる形に。ペースが上がり外枠も追い風となった。前走重賞勝利も侮られていた。
2009年11番人気2着サンカルロ:坂のあるコースでは安定して走っており、ハイペースで人気の先行馬が崩れたが、後方からのレースで流れも合った。
2008年8番人気1着マルカフェニックス:重賞で通用しなかったが、徐々に力をつけて勝利。その後も福永騎手で好走しており、相性のよさも。1200mで短く1600mでは長く、条件も合った。
2008年7番人気3着リザーブカード:マイル重賞で実績あるも1400mの方が安定していた。人気上位の馬の実績も乏しく盲点となっていた。
2007年10番人気2着ジョリーダンス:3走前の安田記念でも3着と好走していたが、前走、前々走と大敗。たたき3走目で走り頃であった。
2006年8番人気1着フサイチリシャール:前走、前々走の敗戦はダート。ダートの適性はなかったようで3走前も4着と好走していた。距離短縮にくわえて、中山で行われるG1レース朝日杯FSを勝っているように坂のあるコースも合った。
2006年6番人気2着プリサイスマシーン:前走のマイルCSは馬場の悪い所を通らされていた。1400m1800mなど非根幹距離は得意な馬。太めのあった3走前を除けば重賞で結果を残しており人気の盲点でもあった。
穴馬好走要因はツイッター(←こちら)でつぶやいています。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.