穴馬 予想

関屋記念 予想 マイネイサベル スマイルジャック 考察

更新日:

クイーンSは無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬10番人気ラブフールが2着に激走!!

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬。

クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

マイネイサベル
※ 下記はヴィクトリアマイル時の考察

「父テレグノシスはかっちりしたつくりで父トニービンの影響が強く出ていた印象があるが、この馬も2歳までは父系の影響が出ている印象があった。

以前はボリュームがあるタイプであったが、2歳時よりもすらっとした体型に変わってさらに手脚が長くみえ、3歳になってから段々と母の父サンデーサイレンスの影響が強くなってきたよう。

基本的には前目の位置での競馬が合うが、決め手も兼ね備えている。

10番人気2着と好走したローズSでは春よりも上半身を中心に張りが出ており、休み明けながら皮膚に透明感もまずまず感じさせ、メリハリもあって状態がよく、レース適性の高さからも、自信の穴馬に推して馬連の軸とした。」

スマイルジャック
※ 下記は東京新聞杯時の考察

「父タニノギムレット、母の父サンデーサイレンスという血統はアブソリュートと同じであるが、身体のラインをみると母方のマルゼンスキーの影響の方が強いよう。

スピードの持続力にベクトルが傾いているが、後肢のつくりをみると後方からのレースが向く。

まずまず身体の柔らかさがあり、それが重心の低い大きめのフットワークにつながっているよう。

ある程度速いペースのレースやスタミナが要求される条件などが合う。

昨年のこのレースを勝っているが、前半800m45秒6と例年よりも1秒近くペースが速くなったことが好走の要因。

前走休み明けでやや余裕を感じさせた馬体も引き締まった印象で力を出すことが出来る状態にある。

昨年秋のマイルCS時よりも、全体的な張りがあり、状態自体は上がっているが。」

もうひとつの無料メルマガの次回配信では関屋記念の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.