穴馬 予想

関屋記念 予想 ドナウブルー レインボーペガサス 考察

更新日:

クイーンSは無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬10番人気ラブフールが2着に激走!!

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬。

クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

ドナウブルー
※ 下記はヴィクトリアマイル時の考察

「デビュー以来大器という評価を受けており、2歳時は阪神JFを制したレーヴディソールよりも評価の高い馬であったが、常にそのイメージが先行する部分があった。

先日の桜花賞を制したジェンティルドンナは全妹にあたるが、ジェンティルドンナが完成度の高いタイプであるのに対し、この馬はやや晩成傾向にある。

3歳時は素質の高さを感じさせたものの完成度が低く、不利や適性の合わないレースをつかわれたこともあるが、それを克服することが出来ず、結果を残すことが出来なかった。

馬体のつくりがジェンティルドンナと非常に似ており、全兄弟でもここまで似ているケースはあまりみられない。

前走はマイナス16キロと体重が大幅に減っており腹周りに寂しさを感じさせ、その点からも評価を割り引いたが、今回はその点が解消されてしっかりと仕上がっている印象。

一週前追い切りの動きでも弾むようなフットワークをみせており確実に復調している。

完成度が低かったことも多分に影響しているが、ここにきて本格化を感じさせ、大器と呼ばれたこの馬が大きな華を咲かせるには絶好の舞台でそれだけの状態にもある。」

レインボーペガサス
※ 下記はマイルCS時の考察

「手脚が長さなどは父系のサンデーの影響を感じさせ、距離は1600mから2000m辺りで力を発揮することが出来る。

距離とコースはほぼベストの条件。今回馬場状態が悪化する点はプラス材料になる。

3歳のころから素質の高さを窺わせた馬で、順調であれば重賞勝利を重ねていたはず。

ダービーなどではアバラが浮き出て体調がそれほどよくなかったことなどから結果を残すことが出来なかったが、素質はここに入ってもそう劣るものではない。

関屋記念ではタイム差なしという結果であったが、しまいは流しておりなかなか強い勝ち方であった。

その際に久しぶりに馬体を見たが、つくべきところにしっかりと筋肉がついて、全体のシルエットにも気品と美しさを感じさせ、本命に推して1着固定とした。

しかし、京成杯AHではその時よりも悪化し、57.5というトップハンデを背負う点から、オッズに見合わないと判断して評価を割り引いた。

関屋記念時の出来に戻っていれば、ある程度は好走も可能で面白い馬。」

もうひとつの無料メルマガの次回配信では関屋記念の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.