競馬 予想

金鯱賞 2017 予想 2けた人気穴馬

投稿日:

金鯱賞の穴馬を、競馬 ブログランキング(←現在70位くらい)の紹介文へ更新。

 

 

今回は金鯱賞の穴馬をお届けします。

金鯱賞のもう一頭の超人気薄穴馬、中山牝馬ステークス、フィリーズレビューの穴馬は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

弥生賞は無料メルマガ推奨穴馬8番人気マイスタイルが2着に。

阪急杯は7番人気トーキングドラムが勝利、中山記念は8番人気サクラアンプルールが2着に激走!!

 

○ 金鯱賞 穴馬

母は天皇賞(秋)、マイルCSを制したカンパニーを産んでおり、かなりの良血と呼べる存在。

半兄カンパニーは父ミラクルアドマイヤ(父トニービン)という血統であったが、胴の短さやボリュームからそこまで距離が伸びていい馬ではなく、1600mから2000m位が合い、スピード、スタミナなど総合力で勝負するタイプであった。

馬体のイメージがカンパニーにそこまで似ていない点から、カンパニーは父の特徴が出ていたと思われる。母の母クラフティワイフはトーセンホマレボシの母も出している。

トーセンホマレボシとこの馬は、父と母の父の組み合わせも同じで、全く同血となる。

以前はもう少し胴が短いつくりで、頑健なフォルムをしており、全体のシルエットから母方の影響を感じさせたが、古馬になって馬体を見ると、かなりスラッとした体型に変わっている。

トーセンホマレボシがスピードで押し切るタイプに出ているのに対し、この馬の方が決め手にベクトルが傾いている。器用さを欠く点から、後方からのレースが合う。

2015年に成長を感じさせた。10番人気で4着と惜しいレースをした京都記念ではいい意味で馬体に丸みを感じさせて状態がよかったため自信の穴馬に推した。

天皇賞(秋)はペースがやや緩く展開が向かなかった。身体の使い方に若干難がある点から2000mよりも1800mの方がいいかもしれないが、今回距離、コースは合う。前走のように早い流れとなれば。人気がなければ印をまわしたい馬。

その穴馬は、競馬 ブログランキング(←現在70位くらい)の紹介文へ更新。

 

金鯱賞、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークス、スプリングS、阪神大賞典、フラワーカップの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

スプリングS、阪神大賞典、フラワーカップ、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスの穴馬の穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

-競馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.