競馬 予想

金杯回顧 次走くる馬こない馬

投稿日:

ご購読頂きましてありがとうございます。

京都金杯と中山金杯の回顧をお届けします。

穴馬の特徴とG1レースの情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

○ 京都金杯

近年のレース時計、前半800m後半800mの時計、ラップタイムをみると、前半800mは47秒0近辺が水準となる。

ハンデ戦ということもあり、時計からレースレベルの高低を測ることは難しい。

2017年は前半45秒9、後半46秒9というペースで、1分32秒8という時計で決着。 

アルマディヴァンがこれまでと異なり、内枠に入っていたことからか前でのレースをしたことは想定外であった。

また、調教の動きがよく状態がよかったためかペイシャフェリスがとばして前半より後半の方が1秒時計のかかるタフな流れで推移し、前でレースをした馬には厳しい流れに。

マイネルハニーは外枠に入っていたことでスムーズに先行できず、それが響いてペースが上がった面もあるか。外枠にくわえ、エアスピネルと斤量が0.5キロしか変わらず、直線で見せ場をつくったものの、ハイペースに屈し最後に力尽きる結果に。

人気を裏切ったアストラエンブレムは外をまわしたが届かず。今回悪いレースをしておらず、評価が下がることは望めそうにない。

同じく人気を裏切ったブラックムーン、ガリバルディは明け4歳との比較からも、ともに馬券の対象から外したが、巻き返す可能性はある。

勝ったエアスピネルは距離短縮でパフォーマンスを上げると考え、2着とハナ差という結果少し物足りない結果であったが、道中で口を割り、気の悪さを見せるシーンがあったこともあった影響したか。

2着ブラックスピネルはエアスピネルに肉薄する惜しいレースであったが、斤量差が1.5キロあったことを考えると、勝ち馬が強かった。

3着フィエロは阪神カップ時に調教で動いており、復調していたよう。

テイエムタイホーは後手を踏んで持ち味が生きなかった。

今年はやはり例年よりもレベルが高く層が厚かった。その点にくわえ、まぎれのないレースとなったことで、想定したとおり平穏な結果となった。

○ 中山金杯

当日は特別時計の速い馬場ではなく、前半800mは47秒9というペースであったが、水準くらいの流れで、前半1000m60秒4、後半1000m60秒2というミドルペースで推移。

脚質的な有利不利はなかった。今年はレベルが水準よりも低かったが、2017年は重賞やオープンで結果を残していたツクバアズマオーとNHKマイルカップを制していたクラリティスカイで決着。

ツクバアズマオーは条件が合うことから本命に推し、ストロングタイタンは馬券の対象から外したが、クラリティスカイは相手が弱かったため、もう少し評価をするべきであった。

ドレッドノータスは体重が8キロ増えており、出来がよくなかったと思われる。

無料メルマガで穴馬としてお届けしたシャドウパーティは4着までという結果であったが、もう少しペースが流れていれば。

ランキングが上がっていれば、また情報を更新していきます。一日一回クリックの協力をお願いします↓


中央競馬 ブログランキングへ

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬情報についてつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.