穴馬 予想

過去穴馬激走 アルゼンチン共和国杯 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

アルゼンチン共和国杯出走馬の中から人気薄で状態のいい馬を人気ブログランキング(←こちら)へ更新。

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)では、1、2頭、重賞レースの穴馬をお届けしています。

菊花賞は推奨穴馬7番人気ユウキソルジャーが3着に。

京都大賞典は5番人気1着メイショウカンパク、スプリンターズS9番人気3着ドリームバレンチノが激走!!

多くのメルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

2011
年8番人気3着カワキタコマンド:メルマガにて穴馬推奨。レースをつかわれ続け調子落ちが懸念されていたが、状態が非常によかったことが好走の要因。
2000mまでの距離までしか実績がなく、距離延長も不安視されていたが、馬体から問題なく、重賞レベルの能力があると判断した。3走前、4走前はともに
マイナス10キロという体重減があったが、前走、そしてこのレースでプラス8キロと回復していたことも好走の要因。

2010年9番人気3着コスモヘレノス:このレースを機に本格化し、前走も勝利しているが、1000万条件で侮られており、たたき3走目で走り頃でもあった。

2009年11番人気1着ミヤビランベリ:メルマガにて穴馬推奨。57.5キロも懸念されたが、G1でも通用するだけのものも持っていた。時計の速さとペースの緩さから上がり3ハロンの時計が11秒台で決着しており、逃げるレースをしたが展開の恩恵もあった。

2009年10番人気3着ヒカルカザブエ:メルマガにて穴馬推奨。半年振りのレースも、休み明けは走る馬。ジャングルポケット産駒で東京が合い、完成度に問題はあったが、能力も高かった。

2007年10番人気2着トウカイトリック:休み明けであったが、近走は体重が減っており、休養がいい方向へ出たことも好走の要因であった。

2007年9番人気3着リキアイサイレンス:前走1600万条件で勝利しており、斤量が52キロで出走。東京コースで2勝しており、この条件も合った。

2005年14番人気2着マーブルチーフ:前々走は休み明けで参考外も休養前の日経新春杯では2着と好走。前走京都大賞典は11番人気ながら4着と悪くない結果を残していた。

2004年8番人気2着テンジンムサシ:前々走500万条件、前走1000万条件と連勝中で勢いがあったが、キレ味が生きる展開も追い風になった。

2003年7番人気1着アクティブバイオ:たたき3走目で状態も上がり、このレースと同じ条件の目黒記念で2着と好走していた。

2003年8番人気3着エリモシャルマン:父トニービンという血統で、東京コースが合い、2400m以上の距離のレースで3勝しており、スタミナを有していたことが好走の要因。

2001年8番人気3着シングンオペラ:父オペラハウスという血統で、やや重で行われたが、血統的に道悪は走り、得意な条件下での49キロという斤量も有利であった。

※ 下記は無料メルマガの配信でお届けした穴馬

菊花賞 7番人気3着 ユウキソルジャー
京都大賞典 5番人気1着 メイショウカンパク
スプリンターズS 9番人気3着 ドリームバレンチノ
新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ

アルゼンチン共和国杯とみやこSの穴馬は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でレース当日の午前8時頃配信します。

もうひとつの無料メルマガの次回配信では、エリザベス女王杯の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.