競馬 予想

菊花賞 穴馬は? 前哨戦考察 日本ダービー

更新日:

新潟2歳Sでは状態を推奨した10番人気マイネルラクリマが2着と好走!!
ローズSは6番人気ワイルドラズベリーが2着、スプリンターズSは7番人気サンカルロが3着、毎日王冠アリゼオが1着。
菊花賞の状態のいい馬は人気ブログランキング(←コチラ)に更新。
順位は35位くらいです。PCの方は順位を左サイドバーでご確認ください。
人気がないと思われるが、調教の動きがよく押さえておきたい馬は馬番で更新
お役に立っていれば1日1回ランキングのクリックをお願いいたします。
ランキングが上がっていけば、さらに穴馬や考察をお届けしていきます。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

○ 日本ダービー エイシンフラッシュ  2.26.9
レース前はレベルの高さが喧伝されるも過去10年良馬場で行われたこのレースで最も遅い時計。
ラップをみても分かる通り、ペースが極端に落ち着いたため。
※ 不良馬場の2009年を除く
2010年 エイシンフラッシュ 前半48.8 後半45.8
2008年 ディープスカイ 前半48.4 後半48.6
2007年 ウオッカ 前半48.4 後半46.6
2006年 メイショウサムソン 前半50.2 後半47.3 (稍重)
2005年 ディープインパクト 前半47.6 後半46.7
通常道中のラップは遅くとも12秒台後半で推移するが、今年は13秒台のラップを2度も刻む特異な流れで、例年瞬発力が要求される流れとなるが、より一層その比重は高まった。
上がり3ハロンのラップは全て11秒台前半で推移し、上がり1位のエイシンフラッシュが1着、2位のローズキングダムが2着という結果。
エイシンフラッシュに関しては、調教であまりつけないA+という評価とし、当初穴馬に考えたが人気上位の2頭に次ぐ評価に上方修正した。
ローズキングダムはザ石の影響も懸念されたが、調教の動きなどをみてもその影響はなかったよう。
1番人気ながら3着に終わったヴィクトワールピサに関しては、直線での追い方などが批判されているが、スローペースによって向こう正面でややかかったため、しまいの伸びを欠いたとみるべきだろう。
人気を裏切ったペルーサであるが、出遅れとこのペースであれば凡走も当然の帰結といえる。
3番人気のヒルノダムールは調教や馬体など臨戦過程に不安があり、馬券の対象から外したが、このレースは参考外。
結論として、瞬発力勝負になった点にくわえて、かかった馬が存在したことと出遅れが致命傷になった馬が出たことなど、ペースの落ち着きがこのレースの全てといっても過言ではないだろう。

にほんブログ村 トラコミュ 第71回 菊花賞(GI)へ
第71回 菊花賞(GI)

「菊花賞 調教の動きがよかった馬」(←菊花賞関連記事)
「菊花賞 前哨戦考察 神戸新聞杯」(←日曜日更新予定)
「菊花賞 前哨戦考察 セントライト記念」(←菊花賞関連記事)
「菊花賞 前哨戦考察 ラジオNIKKEI賞」 (←菊花賞関連記事)
「菊花賞 前哨戦考察 日本ダービー」(←菊花賞関連記事)
ブログランキング
間もなく今週の穴馬を「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で配信!!
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
毎日王冠 9番人気3着 ネヴァブション
オールカマー 6番人気3着 トウショウシロッコ
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
CBC賞 7番人気2着 ダッシャーゴーゴー
目黒記念 7番人気3着 フェニコーン
京王杯SC 6番人気2着 マルカフェニックス
NZT 7番人気3着 レト
バックナンバーでもご覧頂けます。おかげさまで読者の方が1800名を突破!!
ツイッターもやってます。
フォローをお返ししますのでtwitterへRTするRTをお願いいたします。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.