穴馬 予想

菊花賞 予想 ロードアクレイム ゴールドシップ エタンダール 考察

更新日:

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)では、重賞レースの穴馬を1、2頭お届けしています。

スプリンターズS9番人気3着ドリームバレンチノに続き、京都大賞典はメイショウカンパクが勝利。

多くのメルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬

京都大賞典 5番人気1着 メイショウカンパク
スプリンターズS 9番人気3着 ドリームバレンチノ
新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ

ロードアクレイム
※ 下記は神戸新聞杯(2着)時の考察

「父ディープインパクト、母はオークス馬レディパステルという良血で、ボリュームが発達している点などは母の父トニービンの特徴が出ている。

父がサンデー系、母の父トニービンという血統構成も似ているが、有馬記念、天皇賞(春)、菊花賞で2着と好走し、重賞を3勝しているリンカーンと馬体に共通点が多い。

母は決め手で勝負をする馬であったが、先行するレースが合う。

高いレベルのレースで瞬発力勝負になると厳しく、かつてリンカーンもG1レースで2着が3回あったが、そういった点が影響していたため。

高い資質を感じさせ、重賞を勝てるだけのものはもっている。自信の穴馬に推す。」

ゴールドシップ
※ 下記はダービー(5着)時の考察

「皐月賞の前までのレースに関してはそれほど目立った内容や時計ではなかったが、馬体に大きな成長があり、あまり参考とするべきではないだろう。

前走皐月賞は共同通信杯以来のレースで、そこをつかわれて今回はかなりすっきりとみせているが、以前よりも胴が長くなっており別馬のよう。

脚質的にはあまり問わないタイプであるが、スタミナを生かすためには先行した方がよく、2000m以上の距離が合う。

前走時は芦毛で少し分かりづらかったが休み明けで状態がピリッとしておらず、今回はその点が解消され隙のないつくり。

実力のあるディープインパクト産駒が出走してくるが、レースの適性という点で劣る部分がある。

勝ち味に遅い結果となりやすい。」

エタンダール
※ 下記はセントライト記念(4着)時の考察

「ディープインパクト産駒は胴や手脚が長く、決め手で勝負をするタイプが多いが、この馬は母方のモンジューの特徴が出ているよう。

ダービー以来のレースとなるが、太めは感じられず、能力的には重賞を勝てるだけのものを持っている。

春の時点での馬体写真がないためどれだけ成長しているかは不透明。

調教の動きにも勢いを感じさせており、青葉賞までのように前目の位置で積極的なレースをすれば一発の可能性があるため、狙ってみたい1頭。」

おかげ様で、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)は、創刊6年目を迎えます。

スプリンターズS9番人気3着ドリームバレンチノに続き、京都大賞典はメイショウカンパクが勝利。

多くのメルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

もうひとつの無料メルマガの次回配信では菊花賞の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.