競馬 予想

競馬予想の前に馬体診断 東京新聞杯

更新日:

 メテオバーストは先行した方がいい。坂は向かず距離は1600mがよさそう。

 芝の重馬場は上手そうで、ダートも湿った馬場の方がよさそう。

 ダイワメンフィスは実績は無いが、肩の角度はマイルも守備範囲にみえる。先行し持続力を生かす方がタイプ。

 パワーがありダートは走りそうで、坂も大丈夫。しかし重馬場は苦手の可能性が高い。

 中山の舞台が合うだろう。

 トールハンマーは瞬発力を生かす競馬に向く。

 先行するならば、ペースが落ち着いた時に浮上し、逃げ馬の存在が馬券を買う上で重要な要素になる。
 
 京都の1600mが向きそうで、府中の1600mだと若干長いか。

 重馬場は上手い可能性がある。

 キストゥヘブンは桜花賞で勝っているが、旧阪神の1600mよりは京都の1600mの方が向く。

 東京も悪くない。

 有料メルマガやってます。今年のPOGに向けて、選りすぐりの好馬体の2歳馬も随時ご紹介していきます。

「今週1番輝いてる馬」←クリック

 2月までの試験配信と最初の1ヶ月は無料なので、よかったら試してみて下さい。

(1ヶ月1050円 2月配信開始)

 「今週の推奨馬」「至高の重賞データ」など競馬予想がメインです。

 大穴予想無料メルマガはこちら。クリックして入力はメアドだけ。

大穴予想←クリック

「競馬予想 馬体は嘘をつかない」←トップページへはこちらから

競馬サーチ.com

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.