穴馬 予想

競馬予想 桜花賞 阪神1600m外回り 考察(1)

更新日:

※ 今回の記事は全て阪神JFからの抜粋です。

[阪神外回り1600m考察]
 コースの改修が行われた阪神。マイル戦はかなり変更されて、阪神ジュベナイルフィリーズや桜花賞の傾向もかなり変わってくるだろう。
 以前はスタート地点が第1コーナーにあり、いいポジションをえようと先行争いが激化したり、コーナーが急という部分もありごちゃつきやすく、まぎれがあるという点で馬券的に面白かった。
 しかしそれらが改善されているため、魔の桜花賞ペースなどといったものも生まれにくくなり、レースがスムースに展開し、馬の実力が反映されやすくなるだろう。そして直線が長くなる事もその傾向を助長するだろう。
 阪神の直線が延びコーナーを回る回数が減り、ジョッキーの感想では京都にイメージが近くなったという。
 京都のマイルはキレが求められる。しかし坂や芝を考えるとイメージは右周りと左周りの違いこそあれ、東京のマイルに近いのではないだろうか。
 安田記念にあってマイルチャンピオンシップにないもの、それは外国馬の活躍である。瞬発力タイプよりも、長くスピードを持続させるタイプで坂を駆け上がるパワーをもつヨーロッパ的な馬こそがこのレースでの理想になるのかもしれない。
 間違いなく言えるのは、例年求められるよりも更に潜在的なスタミナが要求される事である。
 そういった観点から、父アドマイヤコジーンよりもスプリント色の強いアストンマーチャンに全幅の信頼をおくのはあまりにも危険であるだろう。
 近年、安田記念とスプリンターS両方を勝ったのはあの最強マイラー、タイキシャトルとブラックホークだけであり、安田記念と高松宮記念両方を勝った馬は皆無である。実際にレースが行われてみない事には確証が持てないのだが、スプリンターは新しい阪神のマイルに合わない可能性が高いと私は考える。
 能力は高いものを持っているのでスプリント戦、平坦コースの高松宮記念よりも坂のあるスプリンターズSに出走してきた時は是非狙ってみたい。

タダで読める競馬 無料レポート←クリック

「競馬予想 馬体は嘘をつかない」←トップページへはこちらから 

競馬予想相互リンク集
 ←簡単な相互リンクはここで

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.