競馬 予想

競馬予想 今後くる馬こない馬 フィリーズレビュー

投稿日:

 フィリーズレビューは本命馬アストンマーチャンがかかりながらも予想通り危なげなく完勝。パドックでもなかなかかの仕上がりだった。
 対抗に推したニシノマナムスメはパドックで馬体がかなりさびしかった。まだ確認していないが、数字的にもかなり減っていたとの事で、それが最大の敗因だろう。馬体写真ではなかなかの出来であっただけに、ここ何日かで異変があった可能性が高い。
 3番手に推したルミナスハーバーは馬体が回復して走れる状態にはあったが、まだよくなる余地がある。

 有料メルマガでは、優先順位をつけ、以下の条件を多くクリアした馬を推奨した。 
1 血統はミスプロ系を中心としたレイズアネイティヴ系。
2 脚質は逃げ、先行。
3 1400m以下のレースで勝利がある馬。 
4 出走したレースで全て1~3番人気であった馬。
5 ダート出走馬には注意が必要。
6 新阪神で実績のある血統はロベルト系や父アグネスタキオン、
  父ダンスインザダーク、母の父サンデーサイレンス。

さらに日曜版では芝で使われた馬は3着以上が必要という条件を加え、この条件は最重要といえるだろう。

 この条件をもとに、ヒカルアモーレ、クーヴェルチュール、ファニーストーリー、タケイチゼット、タガノティアーズを推奨した。それ以外の馬ではハギノルチェーレをおさえの評価。
 2着にはいったアマノチェリーランも2、3、5の条件をクリアし、芝で勝利があった。
 選択ミスだったと言え、このデータを受け取り、私以上に賢明な使われ方をしてる方もきっといるだろう。まだまだデータの使い方には改善の余地がある。

クリック協力お願いします
   ↓ ↓ ↓ 
ブログランキング

「競馬予想 馬体は嘘をつかない」←トップページへはこちらから 

相互リンク集
 ←簡単な相互リンクはここで

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.