競馬 予想

競馬予想 フィリーズレビュー 有料メルマガ サンプル

投稿日:

 アストンマーチャンの馬体は骨量などをみるに、父アドマイヤコジーンよりも母方のウッドマン(ミスプロ系)の血が強く出ているよう。
 肩の角度、腹のライン、筋肉のつき方などスプリントよりの短距離馬という感じ。レース条件はベストといっても過言ではないだろう。
 若干距離が長いと思われた前走の阪神JFでウオッカと好勝負を演じた事からも能力が高い事は間違いない。先行できる点も魅力。
 問題は状態であるが、馬体を見ると若干余裕がある。調教で動いているようなので、さして気にする必要はないのであろうが、当日のチェックは必要。
 その辺をクリアしているのであれば、人気馬が強いレースでもあり、3連単の1着固定を中心に買いたい。本命、軸に推す。

 ニシノマナムスメは前走エルフィンSよりも状態が上向いているようである。京都から阪神に変わるのはプラスとはいえないが、それほどの割引にはならないだろう。
 父アグネスタキオンで母の父がレイズアネイティヴ系と血統的にも魅力。能力は高いものを感じさせ、完成度も高い。対抗の評価。

 ルミナスハーバーは能力が高いが、前走と同じく今回も状態に疑問符がつく。先週の段階で馬体に張りがなく、毛ヅヤも悪かった。
 1週間で大幅な良化があると考える事は、希望的観測になるだろう。調教も軽かったよう。とはいえやはり能力は無視できず、血統的にもニシノマナムスメ同様
 父アグネスタキオンで母の父がレイズアネイティヴ系。状態が少しはまともになっているのであれば、馬券に絡んで何ら不思議はない。
 重い印は現時点では無理だが、おさえの評価は必要だろう。パドックの状態次第では評価を変える必要があり、最も注意が必要な馬である。

ハギノルチェーレはスッキリした馬体から京都向きに見え、ここでのニシノマナムスメとの逆転は難しいように思うがおさえ。

クーヴェルチュールは距離は課題で、馬体にもいまひとつ感じるものがない。実績には敬意を払いおさえる事は必要か。

過去の重賞レースの結果や同じコース距離の傾向からデータを分析。血統、脚質、タイム、騎手などの重賞データと馬体診断で推奨馬をお届け。「競馬予想 今週1番輝いてる馬」←クリック

重賞穴馬穴馬データをお届け。
競馬予想 穴馬&大穴データ 無料メルマガ(←クリックして入力はアドレスだけ)

「競馬予想 馬体診断&重賞、競馬データで予想」←トップページへはこちらから 

競馬予想相互リンク集

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.