穴馬 予想

穴馬激走 きさらぎ賞 回顧

更新日:

今回はきさらぎ賞のレース回顧をお届けします。
有料メルマガではより具体的に、次走狙える馬や危険な馬、レースレベルの判定などもお届けしています。
下記のレポート9冊もお届けしていますので、馬券力アップや回収率アップに興味のある方はお付き合い頂ければ幸いです。
1 「回収率100%以上の重賞ライフ」
2 「勝負レース選定法」
3 「危険な人気馬の見つけ方」
4 「レースレベル判定法」
5 「馬体の見方 適性編」
6 「馬体の見方 能力・状態編」
7 「本当に必要な競馬の知識」
8 「1000万馬券が出るレース!!1000万馬券をとる方法!!」
9 「春のG1レース展望と考察」
読者様からのご感想

○ きさらぎ賞 トーセンラー
過去の勝ち馬をみると、ネオユニヴァースを筆頭に、ドリームパスポート、アサクサキングス、リーチザクランなどクラシックで活躍する馬も目立つ。
近年の前半800mをみると、前半49秒台から47秒台で推移するが、ペースにバラツキがあるが、平均は48秒台と考えられる。
2011年 トーセンラー 1.47.6  前半47.7 後半47.4
2010年 ネオヴァンドーム 1.48.6  前半47.6 後半48.2
2009年 リーチザクラウン 1.48.9  前半49.1 後半47.2
2008年 レインボーペガサス 1.48.8  前半48.6 後半48.0
2007年 アサクサキングス 1.48.8  前半49.3 後半47.1
2006年 ドリームパスポート 1.47.4  前半47.5 後半47.4
2005年 コンゴウリキシオー 1.48.5  前半49.1 後半47.0
勝利したトーセンラーは重賞レベルの能力を持っており、レースの適性を考えて対抗に推したが、次走以降では条件の変化に気をつけたい。
2着リキサンマックスはこのレースの出走馬の中で調教の内容が最もよくA評価として穴馬に推したが、次走以降状態の推移には注意が必要。
3着オルフェーヴルはこのレースの適性で劣る点などからを理由に馬連の対象から外したため、条件が変われば。
残念であったのは出遅れて4着に敗れたウインバリアシオンで、スタートがまともであれば馬券に絡んでいたと思われる。
レース適性の高さや近走の内容などから本命に推したが、出遅れてこれまでのような競馬が出来なかった。
陣営が「後ろから差されているし力不足」というコメントを残しているが、この馬は瞬発力勝負よりも先行してスピードを生かす競馬が合う馬のため、悲観する必要はない。
このレースは穴馬が激走して○トーセンラーが勝利、☆リキサンマックスが2着、△オルフェーヴルが3着という結果も、◎ウインバリアシオンが出遅れて4着。
馬連は1点、3連複も4点と点数を抑えて高配当を狙っただけにウインバリアシオンの出遅れが大変悔やまれる。
6着コティリオンは4番人気に推されていたが、現状での能力などを考えると評価が高いと感じて馬券の対象から外したが、まずは500万条件からか。
有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←こちら)では推奨馬や穴馬をお届けしています。
※ ★印は有料メルマガでのみお届けした穴馬。
きさらぎ賞 8番人気2着 リキサンマックス
東京新聞杯 7番人気2着 キングストリート
JCダート 11番人気3着 アドマイヤスバル ★
ステイヤーズS 5番人気1着 コスモヘレノス
ジャパンカップ 8番人気3着 ヴィクトワールピサ ★
マイルCS 6番人気3着 ゴールスキー ★
武蔵野S 9番人気3着 ブラボーデイジー
スワンS 9番人気2着 ショウナンアルバ
毎日王冠 9番人気3着 ネヴァブション
スプリンターズS 7番人気3着 サンカルロ ★
神戸新聞杯 6番人気3着 ビッグウィーク ★
オールカマー6番人気3着 トウショウシロッコ
ローズS 6番人気2着 ワイルドラズベリー ★
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
キーンランドC 6番人気2着 ジェイケイセラヴィ ★
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
アイビスSD 16番人気3着 マルブツイースター ★
※ 競馬初心者の方で分からないことやご質問等があればコメントへお願いします。
レースの印に関してはお控えください。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.