競馬 予想

秋華賞の穴馬は? 前哨戦考察 オークス

更新日:

新潟2歳Sでは状態を推奨した10番人気マイネルラクリマが2着と好走!!
ローズSは6番人気ワイルドラズベリーが2着、スプリンターズSは7番人気サンカルロが3着、毎日王冠アリゼオが1着。
毎日王冠穴馬ネヴァブションは調教でA評価としたが、人気ブログランキング(←コチラ)では秋華賞一週前追い切りでA評価とした馬を更新。
人気はほとんどないよう。順位は35位くらいです。
PCの方は順位を左サイドバーでご確認ください。

にほんブログ村 トラコミュ 秋華賞(GI)へ
秋華賞(GI)


○ オークス アパパネ サンテミリオン 2.29.9
G1レース史上初の同着での決着したこのレース。
過去やや重で行われた年の前半1000mの時計をみると、1分1秒台から1分3秒台で推移。
2008 1.01.4
2004 1.02.0
2000 1.03.5
今年は前半1000m1.00.6と、かなり速めの時計だが、東京競馬場の馬場状態がよかった点も影響していると思われ、その後はラップが13秒台で推移して比較的落ち着いた流れ。
13.1 - 13.3 - 13.5 - 13.5 - 12.0 - 11.5 - 12.4
厳しい流れで先行して3着に踏みとどまった評価される、アグネスワルツに関してもその恩恵は少なからずあったようで、次走以降で人気になっていても過大な評価は避けるべき。
アパパネは配信でお伝えしたとおり前走から状態が上昇しており、調教もA評価としたが、落ち着いたペースの恩恵を最も受けたと思われ。
しかし、鞍上が桜花賞で先行させて気性面の難しさをみせていたアパパネをかからせることなく後方に待機させ、サンテミリオンをマークする形でほぼ完璧な騎乗。
1着を分け合った両馬、そして大外枠に入りながら上手く前目の位置へ誘導した横山典弘騎手の騎乗も素晴らしかったが、オークスのMVPは蛯名騎手であると感じる。
レースプランは緻密に練られたと思われ、唯一誤算があったとすれば、マークした相手が想像以上に強かったことだけか。
また、サンテミリオンは5番人気と評価は低かったものの、馬体面や前走の内容から能力の高さを感じて本命に推した。
ショウリュウムーンは桜花賞で一週前追い切り、最終追い切りをみた際、ともにA+評価としたが、今回は動きがいまひとつで、調教後の体重が前走からプラス4キロと馬体を維持することが難しかったよう。
アプリコットフィズは調教の動きなどから前走から上昇していたものの、まだ体質が弱く完成度で劣る点から、道悪が厳しかったかもしれない。

秋華賞 前哨戦考察 桜花賞
(←秋華賞関連記事)
秋華賞 調教考察(←秋華賞関連記事)
秋華賞 展望と考察(←秋華賞関連記事)
昨年の府中牝馬Sは推奨した穴馬2頭(←配信した内容)穴馬2頭、7番人気ムードインディゴ(1着)、11番人気レジネッタ(3着)が激走し、3連単は42万馬券という結果に。
デイリー杯2歳も推奨穴馬エイシンアポロンが2着にきたので、今年も「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で妙味のある穴馬をお届けしたい。
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
バックナンバーでもご覧頂けます。おかげさまで読者の方が1700名を突破!!
twitterへRTするご質問等はこちらのリンクからお願いいたします
当ブログでは相互リンク(←詳しくはコチラ)をして頂けるサイトを募集中です。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.