秋華賞

秋華賞 2017 前走からパフォーマンスを上げる馬は?

更新日:

秋華賞 2017 2けた人気穴馬候補

2017年秋華賞の2けた人気穴馬候補をへ更新。

※ ランキングの順位の確認方法が分からない場合はこちら(←クリック)をご覧ください。

 

スプリンターズSは有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)で7番人気3着ワンスインナムーン本命推奨。

秋のG1はこれまでのG1にも増してより人気薄の馬を抜擢していきたいと思います。

2017年は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))で下記の穴馬をお届けさせて頂きました。

セントウルS 6番人気2着 ラインミーティア
札幌2歳S 7番人気3着 ダブルシャープ
キーンランドカップ 12番人気1着 エポワス
エルムS 8番人気3着 ドリームキラリ
アイビスSD 8番人気1着 ラインミーティア
小倉記念 6番人気3着 フェルメッツァ
函館記念 14番人気2着 タマモベストプレイ
プロキオンS 6番人気3着 ブライトライン
ラジオNIKKEI賞 8番人気2着 ウインガナドル
函館スプリントS 7番人気3着 エポワス
エプソムカップ 6番人気3着 マイネルハニー
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

10月から期間限定で有料(3か月3240円)で穴馬をお届けさせて頂きます。

詳しくはこちらのページ(←クリック)をご参照ください。

オールカマーは10番人気マイネルミラノが惜しくも4着。

 

秋華賞 2017 前哨戦のポイント

ローズS

前日は重馬場で行われ時計のかかる馬場であったが、当日は良馬場まで回復していた。前日は馬場の悪化、当日もスローペースのレースが多かったため時計は参考とならない。

過去のローズSの時計を見ると、前半800mは例年47秒0近辺で推移することが多く、レース時計は1分46秒台が水準となる。

2017年は46秒4とまずまず速いペースで推移したこともあり、1分45秒5という比較的速い時計で決着。

2017年 ラビットラン 1.45.5  前半46.4 後半46.9

2016年 シンハライト (重) 1.46.7  前半47.4 後半46.8

2015年 タッチングスピーチ 1.45.2  前半46.7 後半46.8

2014年 ヌーヴォレコルト 1.46.0  前半47.3 後半46.2

2013年 デニムアンドルビー (不良) 1.47.7  前半46.3 後半49.5

2012年 ジェンティルドンナ 1.46.8  前半49.0 後半45.4

2011年 ホエールキャプチャ 1.48.1  前半49.3 後半46.3

2010年 アニメイトバイオ 1.45.8  前半46.7 後半46.7

2009年 ブロードストリート 1.44.7  前半46.3 後半46.6

2008年 マイネレーツェル 1.47.3  前半46.9 後半46.3

2007年 ダイワスカーレット 1.46.1 前半48.0 後半45.7

2009年などは非常に時計が速い馬場状態で、レースが行われレコードで決着している。

2017年は2015年や2010年と同じ水準のペースと時計で推移しており、当日馬場が回復したため、降雨の影響はそれほどなかったよう。

8番人気で勝利したラビットランは1600mまでしか実績がなく、前々走までダートをつかわれていたが、ローズS向きの決め手を有していた。馬体写真がないため適性や能力に関しては現状で何とも言えない。

2着カワキタエンカは、逃げて好走したが、ペースが落ち着いていないことからも、勝ち馬よりも内容のあるレースをしている。

3着リスグラシューは人気上位の馬の中で最も割引材料が少なかったため軸とした。まだ本物の出来ではなかったが、上位2頭がレースをつかわれていることを考えると悲観する内容ではない。

人気を裏切った馬も今後巻き返す可能性は十分ある。

1番人気で6着に終わったファンディーナは能力最上位で印をまわしたが、状態がよくなくプラス22キロという数値にも表れていた。評価を割り引いたが、上積みの余地を残していた。

2番人気7着モズカッチャンも馬券の対象から外したが、たたかれての上積みは見込める。

5番人気4着ミリッサは素質が高いが、もう少し体重が増えた方が望ましい。しまいはゴール直前で鋭く伸びていたため本番でも侮ることが出来ない。

出走馬のレベルであるが、2017年はソウルスターリング、アドマイヤミヤビの回避もありそこまで高くない。

また、有料メルマガの配信でお伝えしたが、ソウルスターリングに関してもそこまで過剰な評価は避けるべきように感じた。

それらの点や世代レベルを加味し、層の厚さを優先して近年の出走馬のレベルに順位をつけると下記のよう。

2012年(ジェンティルドンナ)
2016年(シンハライト)
2015年(タッチングスピーチ)
2011年(ホエールキャプチャ)
2013年(デニムアンドルビー)
2017年(ラビットラン)
2010年(アニメイトバイオ)
2014年(ヌーヴォレコルト)

今後G1で通用しえる馬もいるが、実績馬にも能力的に微妙な感がある馬が多く、下から数えた方が早いレベルと評価付けたい。

クイーンS

前日の札幌の時計を見ると、芝1200mの500万条件で1分8秒4、羊が丘特別で1分27秒4というレコードが出ていた。

クイーンSも2014年に出たレースレコードと同じ1分45秒7という速い時計で決着。

勝ったアエロリットは速いペースで逃げたようにみられたが、そこまでの時計ではなく、2着に0秒4差をつけたのは馬場がいいことも影響していた。

ただ、出走馬のレベルは高かった。

層の厚さを優先して、近年の出走馬のレベルに順位をつけると下記のようになるが、レース後の印象からもやはり2017年が最もレベルが高いように感じる。

2017年(アエロリット)
2011年(アヴェンチュラ)
2014年(キャトルフィーユ)
2012年(アイムユアーズ)
2010年(アプリコットフィズ)
2016年(マコトブリジャール)
2015年(メイショウスザンナ)

オークス

前半1000mのペースが59秒台で推移する速い流れの時もあるが、2017年は前半1000m61秒7と遅いペースで推移。

レース時計は2012年にジェンティルドンナがマークした2分23秒6に次ぐ、2分24秒1という時計で決着。

前半1000mの時計は2012年よりも2秒近く遅く、極端に時計が速い馬場ではなかった。

ペースが上がっておらず、時計が出る馬場でなかったにも関わらず速い時計が出ている点から、水準よりも上のレベルと判断できる。

人気を裏切ったリスグラシューはレース前からかなり気性的な難しさを見せて消耗していたようで、輸送が響いたと思われる。また、こちらも外枠に入って後方からレースをする不利があり、直線でぶつけられたアクシデントも響いた。

桜花賞馬レーヌミノルは馬体を見る限り距離に不安があるため馬券の対象から外したが、鞍上がレース後「最後は脚が上がってしまった。自分に距離を持たす腕がなかった」というコメントを残しており、やはり距離が響いた。

桜花賞

当日、重馬場で行われており、桜花賞はやや重まで回復。当日の他の芝のレースをみると、真ん中辺りが伸びる馬場であった。

桜花賞は外を通った馬が伸びていたが、良馬場と変わらない水準の時計で推移し、ペースが速かったため。

2017年 レーヌミノル (やや重) 1.34.5  前半46.5 後半48.0

2016年 ジュエラー 1.33.4  前半47.1 後半46.3

2015年 レッツゴードンキ 1.36.0  前半50.0 後半46.0

2014年 ハープスター 1.33.5  前半45.3 後半48.0

2013年 アユサン 1.35.0  前半46.9 後半48.1

2012年 ジェンティルドンナ 1.34.6  前半47.1 後半47.5

2011年 マルセリーナ 1.33.9  前半46.7 後半47.2

2010年 アパパネ 1.33.3  前半47.5 後半45.8

2009年 ブエナビスタ 1.34.0  前半46.9 後半47.1

2008年 レジネッタ 1.34.4  前半46.4 後半48.0

勝ったレーヌミノルは上半身のつくりなど、同じ母の父タイキシャトルという血統のストレイトガールに似ており、父ダイワメジャーよりも母の父タイキシャトルの影響が出ているよう。走り方がタイキシャトルに似ており、父や母方のロイヤルスキーという血統で馬場の悪化が追い風になった。

2着リスグラシューはペースが上がったことが距離、決め手両面で追い風となった。

阪神JFのレース前、レース後に、ウオッカ、ブエナビスタ、レーヴディソールほど抜けた存在はいないとお伝えしたが、ソウルスターリングが2歳時よりも成長していた点から、どうなるかと考えた。

レーヌミノル、リスグラシュー、ソウルスターリング、ミスエルテ、ジューヌエコール、アドマイヤミヤビなど層が厚い印象であるが、2歳時に考えたとおり混戦模様の感が残る。

秋華賞2けた人気穴馬候補をへ更新。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では馬体診断による推奨馬とともに、より馬券に直結する重賞データ、明確な穴馬と危険の人気馬のパターン、人気薄の穴馬をお届けしています。

スプリンターズSは7番人気3着ワンスインナムーン・本命推奨1着○3着◎でワイド860円本線2点的中。

秋のG1はこれまでのG1にも増してより人気薄の馬を抜擢していきたいと思います。

新潟記念〇△馬連2480円本線4点的中。レパードSは9万馬券的中!!

-秋華賞
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.