競馬 予想

秋華賞 2017 傾向と穴馬の特徴

投稿日:

秋華賞 2017 2けた人気穴馬候補

スプリンターズSは有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)で7番人気3着ワンスインナムーン本命推奨。

秋のG1はこれまでのG1にも増してより人気薄の馬を抜擢していきたいと思います。

2017年は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))で下記の穴馬が激走。

セントウルS 6番人気2着 ラインミーティア
札幌2歳S 7番人気3着 ダブルシャープ
キーンランドカップ 12番人気1着 エポワス
エルムS 8番人気3着 ドリームキラリ
アイビスSD 8番人気1着 ラインミーティア
小倉記念 6番人気3着 フェルメッツァ
函館記念 14番人気2着 タマモベストプレイ
プロキオンS 6番人気3着 ブライトライン
ラジオNIKKEI賞 8番人気2着 ウインガナドル
函館スプリントS 7番人気3着 エポワス
エプソムカップ 6番人気3着 マイネルハニー
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

2017年秋華賞の2けた人気穴馬候補をへ更新。

※ ランキングの順位の確認方法が分からない場合はこちら(←クリック)をご覧ください。

10月から期間限定で有料(3か月3240円)で穴馬をお届けさせて頂きます。

詳しくはこちらのページ(←クリック)をご参照ください。

オールカマーは10番人気マイネルミラノが惜しくも4着。

 

秋華賞 2017 傾向

※データは基本的に過去10レースを対象に編集しています。

レースのポイントと概要

G1レースで大きく荒れるレースといえば、皐月賞や有馬記念、そして何よりこの秋華賞を思い浮かべる方も多いと思う。

2008年のブラックエンブレムは記憶に新しく、過去にはブゼンキャンドルやティコティコタックといった伏兵が人気薄で勝利しており、その頃からこのレースは荒れるG1というイメージが定着している。

1999年と2000年は馬連9万馬券と3万馬券、そして2008年は3連単1000万馬券という結果となっている。

コースが及ぼす影響

近年の時計、前半800m後半800mのラップタイムをみると、前半800mは46秒台、レース時計は1分58秒台で決着していることが多い。

京都の下り坂からペースが上がるようで、残り4ハロンかラップが速くなっていることが分かるが、2012年、2007年を除けば、道中のラップは12秒0近辺で推移するレースが多い。

この点が脚質的な面や、血統などに影響し、レースの性質にも大きく影響する。

2016年 ヴィブロス 1.58.6  前半48.0 後半47.1
12.4 - 10.5 - 12.9 - 12.2 - 11.9 - 12.6 - 11.7 - 11.4 - 11.3 - 11.7

2015年 ミッキークイーン 1.56.9  前半45.4 後半47.2
12.0 - 10.5 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.6 - 11.9

2014年 ショウナンパンドラ 1.57.0  前半46.3 後半46.8
12.0 - 10.7 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 12.2 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 11.8

2013年 メイショウマンボ 1.58.6  前半46.6 後半47.4
12.1-10.4-11.9-12.2-12.3-12.3-11.9-11.8-11.8-11.9

2012年 ジェンティルドンナ 2.00.4  前半49.9 後半46.6
12.3-11.0-13.2-13.4-12.3-11.6-11.4-11.3-11.5-12.4

2011年 アヴェンチュラ 1.58.2  前半46.4 後半47.7
12.2-10.8-11.6-11.8-11.9-12.2-11.9-12.1-11.7-12.0

2010年 アパパネ 1.58.4  前半46.7 後半47.1
12.0-10.8-12.0-11.9-11.8-12.8-12.5-11.6-11.2-11.8

2009年 レッドディザイア 1.58.2  前半45.9 後半47.4
12.3-10.3-11.4-11.9-12.1-12.8-12.2-12.0-11.6-11.6

2008年 ブラックエンブレム 1.58.4  前半47.2 後半47.3
12.3-10.4-12.3-12.2-11.4-12.5-11.9-11.5-11.8-12.1

2007年 ダイワスカーレット 1.59.1  前半46.4 後半46.3
12.3-10.4-11.5-12.2-12.8-13.6-12.4-11.3-11.1-11.5

ペースが上がりやすいレースのため、差し馬も結果を残している。

また、通常2000mの重賞では、ほとんどのレースで、2000m以上の距離実績が必要とされるが、このレースでは1800mまでしか実績のない馬もきている。

臨戦過程

連対馬の前走を分類すると、前走でローズSをつかわれていた馬が最も結果を残しており、近年はクイーンSから出走してきた馬も結果を残している。

前走ローズSで2着以内に入っていた馬が8頭、3着だった馬も4頭が秋華賞で連対している。

そして、このレースの連対馬20頭のうち16頭が前走3着以内に入っていた。

残りの4頭のうち2008年1着ブラックエンブレムは3走前に重賞勝利していた。

2013年1着メイショウマンボは前々走のオークスを制しており、2015年2着のクイーンズリングも重賞を勝利している。

2016年は2着パールコードが前々走フローラSで2着と好走していた。

そして連対馬20頭中15頭に、前2走どちらかで勝利もしくは重賞連対があり、残りの5頭のうち4頭も前走で重賞3着があった。

秋華賞 2017 消えた人気馬の特徴

2016年
1番人気10着ビッシュ:初めての輸送が響いた面があるか。
2番人気4着ジュエラー:距離がベストより長く、器用さを欠く部分があるとお伝えしたが、4コーナーでさばくのに手間取った感がある。鞍上も内を突くと躊躇するというコメントを残していた。
5番人気5着レッドアヴァンセ:

2015年
2番人気6着タッチングスピーチ:
3番人気17着レッツゴードンキ:距離が長かった。
4番人気8着トーセンビクトリー:それほど出来がよくなく、能力的にも劣った。

2014年
2番人気6着レッドリヴェール:
5番人気4着ブランネージュ:惜しいレースも最後は決め手と能力の差が出た。

2013年
1番人気4着デニムアンドルビー:
4番人気12着エバーブロッサム:オークス後不振。
5番人気11着ローヴティサージュ:気性的な問題があったよう。

2012年
3番人気6着アイムユアーズ:
4番人気13着ハワイアンウインド:1000万条件を勝ったばかりだったが過剰評価。
5番人気11着ミッドサマーフェア:

2011年
3番人気7着マルセリーナ:
4番人気15着マイネイサベル:
5番人気10着エリンコート:状態ひと息。

2010年
3番人気18着サンテミリオン:オークス以来のレースで、休み明けの影響がおおっかった。
4番人気4着ワイルドラズベリー:
5番人気16着ショウリュウムーン:距離、コース合わず。

2009年
4番人気5着ミクロコスモス:能力的に劣り、馬体も寂しかった。
5番人気6着ジェルミナル:

秋華賞 2017 穴馬の特徴

2016年8番人気3着カイザーバル:有料メルマガで本命推奨。過去の血統的な傾向に符合。道中掛かったことでしまいの伸びを欠く結果になったが、スムーズなレースであればより際どかった。

2015年8番人気3着マキシマムドパリ:3走前のフローラSは上がりの速いレースとなって上位2頭を捉えることが出来なかったが、体重が大幅に減らしながら3着と善戦していた。素質は悪くないものを持っていたが、春は体重が減り続けており、後方からレースをして持ち味が生きなかった面もあるが、春よりも成長していた。

2013年15番人気3着リラコサージュ:前走ローズSは休み明けでプラス20キロと体重が増えていたが、このレースではマイナス12キロ。春の時点でOP特別を勝っていたが、ひと夏を越しての成長もあった。

2011年7番人気2着キョウワジャンヌ:レースの適性が高いと判断して有料メルマガで本命推奨。馬体に高い素質を感じさせた馬であったが、秋になり大幅な成長をみせていたことも好走の要因。

2008年11番人気1着ブラックエンブレム:春先からG1レベルの能力を持つ馬体と評価し、前走ローズSでは本命に推したが、道悪がよくなかったようで、京都コースへ変わったことも追い風に。

2008年8番人気2着ムードインディゴ:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。前走人気薄で好走したローズSでも能力の高さを評価して穴馬に推したが、道悪よりも良馬場の方がいい馬で、前走より馬場状態がよかったことも好走の要因。

2008 年16番人気3着プロヴィナージュ:ダートでしか実績がなかったため侮られていたが、父フレンチデピュティ、母の父サンデーサイレンスと、基本的には芝で いい血統であった。逃げるレースをしたが道中12秒5とペースが落ち着き、息を入れることが出来たことも大きかった。

2007年7番人気 2着レインダンス:ダイワスカーレットが逃げる中、800m通過後12秒8、13秒6とペースが落ち着き、道中7番手を追走していたが3コーナー前から積 極的に仕掛け、人気のウオッカ、ベッラレイアの追撃を封じる結果となったが、早めのスパートが好走の要因。

秋華賞2けた人気穴馬候補をへ更新。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では馬体診断による推奨馬とともに、より馬券に直結する重賞データ、明確な穴馬と危険の人気馬のパターン、人気薄の穴馬をお届けしています。

スプリンターズSは7番人気3着ワンスインナムーン・本命推奨1着○3着◎でワイド860円本線2点的中。

秋のG1はこれまでのG1にも増してより人気薄の馬を抜擢していきたいと思います。

新潟記念〇△馬連2480円本線4点的中。レパードSは9万馬券的中!!

-競馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.