競馬 予想

秋華賞 レース回顧

更新日:

新潟2歳Sでは状態を推奨した10番人気マイネルラクリマが2着と好走!!
ローズSは6番人気ワイルドラズベリーが2着、スプリンターズSは7番人気サンカルロが3着、毎日王冠アリゼオが1着。
菊花賞の状態のいい馬は人気ブログランキング(←コチラ)に更新。
順位は30位くらいです。PCの方は順位を左サイドバーでご確認ください。

にほんブログ村 トラコミュ 第71回 菊花賞(GI)へ
第71回 菊花賞(GI)

「菊花賞 穴馬は? 展望と考察」←当ブログ菊花賞関連記事

今回は秋華賞のレース回顧をお届けします。
○ 秋華賞 アパパネ 1.58.4
近年の時計、前半800m後半800mのラップタイムをみると下記のよう。
2010年 アパパネ 1.58.4  前半46.7 後半47.1
2009年 レッドディザイア 1.58.2  前半45.9 後半47.4
2008年 ブラックエンブレム 1.58.4  前半47.2 後半47.3
2007年 ダイワスカーレット 1.59.1  前半46.4 後半46.3
2006年 カワカミプリンセス 1.58.2  前半46.5 後半47.6
2005年 エアメサイア 1.59.2  前半47.8 後半46.8
2004年 スイープトウショウ 1.58.4  前半47.9 後半46.5
2007年を除けば、道中のラップは12秒近辺で推移してペースが極端に緩むことがなく、例年46秒台から47秒台後半で推移する。
京都の下り坂からペースが上がるようで、今年は前半800m46秒7と、平均よりもやや速いペースで推移。
勝ったアパパネはレースの適性が高く、調教の動きもA評価として馬体の張りなど前走から明らかに上昇しており状態がよかったため本命に推した。
ただ、直線で外を通る横綱相撲で完勝したが、ペースが流れた点も好走の要因。
後方から競馬をした馬が上位を占める中で、先行する競馬で3着に粘ったアプリコットフィズは、アパパネとは逆にもう少しペースが落ち着いていれば、より際どかったと思われる。
2着アニメイトバイオはしまいの決め手が生きる形になった点が好走の要因。
4着ワイルドラズベリーは、直線では非常に勢いを感じさせたが、ゴール前で止まったのは鞍上も認めるとおり距離がネックとなったようで、ペースが上がった点が堪えた。
ショウリュウムーンは、道中包まれて審議の対象にもなったように苦しい競馬となった。
サンテミリオンは出遅れも影響したこともあり18着に敗れて、2番人気ながら最下位という屈辱的な結果となった。
陣営の意欲が乏しく、馬体に余裕を感じさせたため評価を大きく割り引いたが、状態が上がりきっていない点が最大の敗因で、大きく上昇する余地を残している。
重賞穴馬激走中!!
重賞レースの穴馬は「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
毎日王冠 9番人気3着 ネヴァブション
オールカマー 6番人気3着 トウショウシロッコ
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
CBC賞 7番人気2着 ダッシャーゴーゴー
目黒記念 7番人気3着 フェニコーン
京王杯SC 6番人気2着 マルカフェニックス
NZT 7番人気3着 レト
バックナンバーでもご覧頂けます。おかげさまで読者の方が1800名を突破!!
twitterへRTするご質問等はこちらのリンクからお願いいたします
当ブログでは相互リンク(←詳しくはコチラ)をして頂けるサイトを募集中です。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.