福島記念 穴馬

2016年12月9日

○ 福島記念 穴馬

マイネルラクリマ

父チーフベアハートはステイヤーのマイネルキッツ、マイラーのマイネルレコルト、スプリンターのビービーガルダンなど様々な距離で活躍馬を出している。

この馬は全体のボリュームがあり、それほど偏った体型をしておらず、マイルから中距離までを守備範囲とする。

2歳時は胴が長く感じられたが、胴が短くなっており、古馬になって全体のボリュームが増して印象が大きく変わってきた。

上半身と下半身のフォルムから先行する競馬が合い、1600mから2000m辺りの距離がベスト。

どちらかというと平坦コースの方が合い、福島と京都の重賞を勝っているが、現状の出来であれば坂のあるコースにも対応できるはず。

2200mのオールカマーで結果を残しているが、新潟で行われており、中山であれば厳しかったはず。

2歳時に初めて馬体をみた際、高い資質を感じ、重賞を複数勝てるだけのものは持っているとお伝えした。

10番人気で2着と好走した新潟2歳Sでは自信の穴馬に推し、G1レースなどでも狙ってきたが、ほぼ想定どおりの結果を出した。

キャリアも終盤になり、今後はハンデ重賞がメインステージとなってくるはずとお伝えしてきたが、やはり想定どおりとなってきている。

今回、距離、コースともにベストの条件。前走七夕賞も4着と悪くないレースをしている。

問題は臨戦過程で、七夕賞以来のレースとなる点。

ただ、2014年のこのレースで58キロを背負いながら2着と好走しているが、その際も3か月ぶりのレースであった。人気がなければ印をまわしておきたい。

その他の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方から頂戴した的中報告(←こちら)を頂戴しています。