穴馬 予想

皐月賞 予想 ベールドインパクト アーデント ゼロス 考察

更新日:

スプリングSは無料メルマガ推奨穴馬11番人気ロジメジャーが3着に激走!!

フィリーズレビュー8番人気ビウィッチアスが2着、中山牝馬S7番人気オールザットジャズが2着に入り、4週連続穴馬激走!!

重賞レースの穴馬はレース当日の午前配信。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

ベールドインパクト
※ 下記はきさらぎ賞時の考察

「上半身と下半身のボリュームが均等で基本的には先行するレースが合うが、そこまでがっしりした体型をしていないため、ペースが落ち着いたレースの方が合う。

ある程度の瞬発力勝負にも対応可能で、先行してペースが落ち着いたようなレースの方が合い、コーナー4回のコースのレースや馬場状態がいい条件などの方が合うかもしれない。

若駒らしく現時点での完成度はまだまだといった感じで、これからよくなってくると思われるが、全体のバランスは悪くない。

全体的なボリュームがついてくれば、先行して押し切るようなレースも出来るようになる。

いずれは重賞レースでも好走可能であるが、人気になるのであれば現状ではちょっと荷が重い評価であると感じる。

2000m近辺の距離が合い、平坦コースの方がいい馬。」

アーデント
※ 下記は弥生賞時の考察

「前走京成杯時に初めて馬体をみたが、丸みを帯びたフォルムや全体のラインに美しさを感じさせ、つなぎの柔軟性と合わせて非凡な素質を感じさせた。

前走時に写真をみた際は、腹のラインから心肺機能が発達しており、先行するレースが合うタイプで、2000m以上の距離の方が向くと感じたが、今回はかなり体型が変わってきている。

体的に筋肉量が増して完成度が上がっていることも影響してか、後肢のボリュームが増しており、中距離馬のような印象であるが、成長期にあるとともに過渡期であるのかもしれない。

手脚や胴の長さは、どちらかというと父系のサンデーサイレンスなどの特徴が出ているようだが、先述したとおり決め手を生かすよりも先行するレースが合う。

前走時もお伝えしたが、つなぎの角度から中山内回りコースはベストではないが、後肢のつくりをみるとそこまで広いコースがいいタイプではない。

前走京成杯では前半800m47秒4とかなり速いペースで推移しており、先行するレースをしたが厳しい展開であった。

くわえて、[重賞データ]を補足するが、過去京成杯を2分1秒台で勝利していた2007年サンツェッペリン(2分1秒5)、1999年オースミブライト(2分1秒5)の2頭は、その後皐月賞で連対しており、今年は2分0秒6とかなりレベルの高いレースであった。

昨年の2011年も2分0秒9という速い時計で決着しており、ただ、1着フェイトフルウォーがセントライト記念を勝利し、2着デボネアが皐月賞で14番人気という低評価であったが4着と善戦している。

そういった点から、このメンバーの中では、この馬が最も高いレベルのレースを経験していると判断してもよく、展開が合わなかった点を考えると評価が必要。

さらに、前走からの能力的な上積みもあり、そして何より調教でも非常に動いている。

前走時も完成度は低いが、いずれG1レースで好勝負出来るほどの素質を持っており、今後注目していきたい1頭とお伝えしたが、積極的に狙いたい1頭。」

ゼロス
※ 下記はスプリングS時の考察

「父キングカメハメハ、母の父サンデーサイレンス、母の母の父リファールと、なかなかの良血であるが、馬体をみると父の特徴が出ている。

前走若駒Sではきさらぎ賞、若葉Sを制し、クラシックでも人気が予想されるワールドエースを破って3連勝を飾っているが、道中13番手のラップを4回刻み、上がりも11.7-10.7-11.5と非常に速い時計。

レース時計やラップからペースが極端に落ち着いていることが分かるが、その点にくわえて重馬場と内回りコースもプラスに作用して、完全に前残りのレース結果で評価が出来ない。

今回はバンザイ、ビービージャパンなどがハナをきり、ディープブリランテもいきそうで、前走ほど楽な展開は望めない。

上半身と下半身のボリュームが均等に近く、後肢のつくりなどをみても前目の位置で競馬をする方がよく、骨格などから坂のあるコースがベスト。

つなぎや胴がやや短めで、距離はやや限界があり、1600mから2000m辺りが合うが、ダートも走る可能性が高い。

状態はしっかり仕上がっており申し分ない出来にあるが、相手が揃っている点と、展開面から割引が必要となる。」

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

バックナンバーをご確認ください。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.