競馬 予想

皐月賞 予想 トリップ マイネルロブスト メイショウカドマツ 考察

更新日:

スプリングSは無料メルマガ推奨穴馬11番人気ロジメジャーが3着に激走!!

フィリーズレビュー8番人気ビウィッチアスが2着、中山牝馬S7番人気オールザットジャズが2着に入り、4週連続穴馬激走!!

重賞レースの穴馬はレース当日の午前配信。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

トリップ
※ 下記は弥生賞時の考察

「父クロフネ、母の父サンデーサイレンスという血統で、叔母にトゥザヴィクトリーがいる良血。

前走で京都2歳Sを勝ったが、過去京都2歳Sでは、2009年1着ヴィクトワールピサ、2005年1着マルカシェンク、2着ドリームパスポート、2002年1着エイシンチャンプ、2着ザッツザプレンティなどが2分1秒台の時計で結果を残していた。

昨年はトリップが2分1秒5という時計で勝っており、この水準をクリアしているが、時計が非常に速かった京都の馬場状態を考えると鵜呑みにはできず、先述した馬達よりは若干劣るレースレベルと判断することが合理的である。

デビュー前の馬体写真をみるとクロフネ産駒としては素軽さがあり、非常にいいものを持っていると感じたが、クロフネの特徴が出てきたのか重苦しさがある。

前走ラジオNIKKEI杯2歳Sでは調教で動いていたため、敗因に不透明な部分があるが、過去のラジオNIKKEI杯でもダノンシャンティ、ヒルノダムール、ウインバリアシオンといった馬が敗れており、若駒がもろさをみせたと解釈するべきか。

ボリュームがあるフォルムや、後肢のつくりから先行するレースが合い、瞬発力勝負では分が悪いため、ミドルペースくらいの流れが合う。

つなぎの角度などから、やや器用さを欠く部分があり、その点が前走の敗戦につながっている可能性もある。

パワーは充分で坂のある中山は合い、距離も2000m近辺がベストでこの条件は申し分ない。

全体のバランスは悪くなく、つなぎにもまずまず柔軟性があり、重賞を勝てるだけの能力は間違ないなくある。

ただ、今回は休み明けということもあり、幾分体つきが立派で、過去のレースにおいて休み明けの馬が人気を裏切っている点からも割引が必要。」

マイネルロブスト
※ 下記はスプリングS時の考察

「父ゼンノエルシドはマイルCSを制したマイラーであるが、やや胴が長めで肩の傾斜、つなぎの角度をみると、ある程度距離は延びた方がいい馬で1600m辺りから2000m近辺がベスト。

つなぎの角度が寝ている馬は跳びが大きい馬が多く、内回りコースはよくないが、この馬はつなぎが短めのためか、それほどフットワークがやや小さめで、それが前走京成杯で内回りコースに対応出来た要因。

全体のバランスや背中のラインはまずまずで、なかなかいいものをもっている。

以前は、蹄とつなぎの角度にいびつな部分があり、大成を阻む要因になると感じていたが、かなり改善された印象。

前々走朝日杯FSでは、調教の内容がよく、引き締まった馬体をして皮膚の質感にも美しさを感じさせた。

穴馬に推したが、終わってみれば4番人気という評価で、思ったよりも人気となってしまったが、体調のよさから馬連の対象とした。

前走京成杯ではつなぎの長さからどちらかというと広いコースの方が合うと考えため評価を割り引いたが、そこでも調教で動いており、状態を考えると扱いに繊細さを欠いた。

前走は前半800m47秒3とペースが上がったことも追い風となったが、今回もある程度ペースが上がりそう。

休み明けながら、全体的に引き締まり皮膚の質感がよくメリハリも感じさせて、今回も調教の動きがよく状態は良好。

現在5番人気とあまり評価は高くないが、積極的に狙ってみたい1頭。」

メイショウカドマツ
※ 下記は弥生賞時の考察

「父ダイワメジャー、母の父クリスエスという血統で、中山は合いそう。

逃げ馬で1枠に入ったことからスムーズに主導権を握ることが出来そうで、追い風になりえる。

馬体写真がないため、能力、適性、状態を測りかねるが、前走寒竹賞は前半1000m61秒3とペースが緩んだ中で逃げており、展開の恩恵もあった。

ただ、2着に0秒4差をつけており、中山で強いレースをしていたことは評価するべき。

それ以来のレースとなることは割引材料であるが、調教でも動いているため、印をまわしたい。」

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

バックナンバーをご確認ください。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.